オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
生命の経済

慶應義塾大学教養研究センター極東証券寄附講座
生命の教養学 16

慶應義塾大学出版会
西尾宇広 

価格
2,640円(本体2,400円+税)
発行年月
2020年06月
判型
A5
ISBN
9784766426762

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

「生命」の意味を限りなく広く捉えていく「生命の教養学」。今回のテーマは「生命の経済」。私たちが生きていくために経済は欠かせない。しかし、ときに私たちの生命そのものが経済のプロセスに組み込まれ、その手段として利用されることもある。そんな生命と経済の密接で危うい関係に、科学哲学、ケミカルバイオロジー、臨床心理学、行動経済学、環境化学、数理ファイナンス、政治人類学、政治哲学、ジェロントロジー、イギリス近世史、フランス文学といったさまざまな角度からアプローチし、問題の核心を読み解いていく。

「生命の経済」という視点からみた人間の特異性―「協力の哲学」に向けて
1 心と体の経済学(なぜ体は“無駄”だらけなのか?―タンパク質の翻訳後修飾;心的エネルギーのダイナミズム―“無意識”に光をあてる;行動経済学とビッグデータから探るヒトの意思決定と行動―脳に埋め込まれた過去の遺物を理解し、よりよい行動を起こさせるには?)
2 生と死の経済学(生と死と環境基準;生きるリスクと死ぬリスク―寿命と向き合うファイナンス;動物の生死と人類―屠畜と肉食の文化人類学)
3 互助と互恵の生物学(互恵的な社会が生まれるまで―アリストテレスに学ぶ政治と経済;誕生と加齢の経済学―社会はなぜ助け合うのか?;生命の経済史―資本主義と公共善;生命から学ぶ社会の成長と消費―バタイユ「全体経済」再考)

[日販商品データベースより]

▼奪い合いか、助け合いか?



細胞はなぜ無駄な抗体を作るのか、脳はなぜ不合理な判断をするのか、文学はやはり蕩尽なのか、国家はなぜ戦争をするのか、それでも人びとはなぜ助け合うのか?

生産と消費、交換と搾取、競争と協力といった私たちの経済的な営みに着目し、多様な生命と組織が織りなす生と死のダイナミズムを捉え直す。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

街・野山・水辺で見かける野鳥図鑑

街・野山・水辺で見かける野鳥図鑑

樋口広芳  柴田佳秀  戸塚学 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2019年06月発売】

ヒョウモントカゲモドキ品種図鑑

ヒョウモントカゲモドキ品種図鑑

中川翔太  海老沼剛  川添宣広 

価格:4,950円(本体4,500円+税)

【2021年08月発売】

野生ミツバチの知られざる生活

野生ミツバチの知られざる生活

トーマス・シーリー  西尾義人 

価格:3,080円(本体2,800円+税)

【2021年02月発売】

有尾類の教科書

有尾類の教科書

西沢雅  川添宣広 

価格:1,760円(本体1,600円+税)

【2020年10月発売】

フトアゴヒゲトカゲの教科書

フトアゴヒゲトカゲの教科書

川村健太  川添宣広 

価格:1,760円(本体1,600円+税)

【2020年07月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ギフトラッピング特集

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント