オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

芥川賞・直木賞

166回(2021年下半期) 芥川龍之介賞・直木三十五賞の受賞作が決定しました。

166回(2021年下半期)  芥川賞 受賞作品

ブラックボックス

ブラックボックス

ずっと遠くに行きたかった。
自分の中の怒りの暴発を、なぜ止められないのだろう。
自衛隊を辞め、いまは自転車便メッセンジャーの仕事に就いているサクマは、都内を今日もひた走る。
昼間走る街並みやそこかしこにあるであろう倉庫やオフィス、夜の生活の営み、どれもこれもが明け透けに見えているようで見えない。張りぼての向こう側に広がっているかもしれない実相に触れることはできない。

この作品の詳細を見る

著者作品一覧

166回(2021年下半期) 直木賞 受賞作品

塞王の楯

塞王の楯

幼い頃、落城によって家族を喪った石工の匡介。
彼は「絶対に破られない石垣」を造れば、世から戦を無くせると考えていた。
一方、戦で父を喪った鉄砲職人の彦九郎は「どんな城も落とす砲」で人を殺し、その恐怖を天下に知らしめれば、戦をする者はいなくなると考えていた。
秀吉が死に、戦乱の気配が近づく中、琵琶湖畔にある大津城の城主・京極高次は、匡介に石垣造りを頼む。
攻め手の石田三成は、彦九郎に鉄砲作りを依頼した。大軍に囲まれ絶体絶命の大津城を舞台に、信念をかけた職人の対決が幕を開ける。
ぶつかり合う、矛楯した想い。答えは戦火の果てに―。
「最強の楯」と「至高の矛」の対決を描く、圧倒的戦国小説!

この作品の詳細を見る

著者作品一覧

黒牢城

黒牢城

本能寺の変より四年前、天正六年の冬。
織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。
動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。
事件の裏には何が潜むのか。
戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。

この作品の詳細を見る

著者作品一覧

166回(2021年下半期) 芥川賞ノミネート作品

※ノミネート作品詳細・著者詳細は、公開前のため情報がない場合があります。※著者50音順

ノミネート作品著者出版社掲載誌
我が友、スミス集英社すばる 2021年 11月号
Schoolgirl文藝春秋文学界 2021年 12月号
オン・ザ・プラネット講談社群像 2021年 12月号
【受賞】ブラックボックス講談社群像 2021年 12月号
皆のあらばしり新潮社文学界 2021年 03月号

166回(2021年下半期) 直木賞ノミネート作品

※著者50音順

ノミネート作品著者出版社
同志少女よ、敵を撃て早川書房
新しい星文藝春秋
【受賞】塞王の楯集英社
ミカエルの鼓動文藝春秋
【受賞】黒牢城KADOKAWA