オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
星のなまえ

白水社
高橋順子(詩人) 

価格
2,530円(本体2,300円+税)
発行年月
2018年09月
判型
B6
ISBN
9784560096529

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

1(流れ星・死の光;彗星・ほうき星 ほか)
2(星の神;日本の星の民話 ほか)
3(私の『星の王子さま』;金星、明けの明星、宵の明星 ほか)
4(和歌に詠まれた星の意味;七夕のうた ほか)
八ヶ岳山麓から―あとがきに代えて

[日販商品データベースより]

星を見るまなざしの美しさと険しさ

 『夫・車谷長吉』で今年度講談社エッセイ賞を受賞した詩人が、好評既刊『水のなまえ』に引き続き書き下ろした、星を巡る芳醇な香りに満ちあふれたエッセイ集。
 「星々が美しいとしたら、どんなふうに美しいのか、どんなふうに語りかけてくるのか。それらとどのように付き合ってきたのか。どのように共鳴して心の弦を鳴らしたか。どんな劇に出会ったか」――
 著者は古典から現代まで、詩歌から民俗学や旅に至るまで、星にまつわる多種多様なテーマを自在に逍遥し、さすがにどれも豊かな読後感が残って心地よい。
 例えば「すばる」。清少納言のお気に入りで、「枕草子」の一節「星はすばる。彦星。夕づつ。よばひ星すこしをかし……」はよく知られているが、星の記述はこの一節だけ。そこから清少納言の思いを探ろうとする。
 また小林一茶が自分を「我星」とよび、星に投影する姿を「我星はどこに旅寝や天の川」などの句例をあげて見てとろうとする。もちろん著者のお得意、北原白秋、室生犀星、堀口大學らの詩人が向き合った星への言葉も心に残る。
 星について、思わず人に語ってしまいたくなる一冊だ。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

何がおかしい 新装版

何がおかしい 新装版

佐藤愛子(作家) 

価格:1,430円(本体1,300円+税)

【2020年11月発売】

気がつけば、終着駅

気がつけば、終着駅

佐藤愛子(作家) 

価格:1,320円(本体1,200円+税)

【2019年12月発売】

さっぱりと欲ばらず

さっぱりと欲ばらず

吉沢久子(評論家) 

価格:770円(本体700円+税)

【2021年02月発売】

処女の道程

処女の道程

酒井順子 

価格:1,650円(本体1,500円+税)

【2021年02月発売】

そこに工場があるかぎり

そこに工場があるかぎり

小川洋子(小説家) 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【2021年01月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ギフトラッピング特集

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント