LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
日中終戦と戦後アジアへの展望

日中戦争の国際共同研究 6

慶応義塾大学出版会
波多野澄雄 久保亨 中村元哉 

価格
4,620円(本体4,200円+税)
発行年月
2017年11月
判型
A5
ISBN
9784766424867

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

日中終戦のグローバルなインパクトとその遺産。中国はどう変容し、どのように再建の道をたどったのか。中国周縁や東南アジアに何をもたらしたのか。日本の戦後構想や戦争収拾のプロセスは何を物語るのか。

総論 日中終戦と戦後アジアへの展望
第1部 日中終戦と戦後構想(太平洋戦争末期における日本の対中和平構想;戦争末期の日中戦争と日ソ関係―「日中ソ」提携構想をめぐって;韓国臨時政府の本国帰還問題に対する中国国民政府の対応―終戦前後における東北アジア国際秩序再構築の一側面;国共内戦下の戦後日中提携―支那派遣軍と国民政府;台湾における日本人墓地および遺骨の処理問題)
第2部 中国の変動(戦後中国における憲政への移行と警管区制;戦後中国の税制と工商同業公会―上海の貨物税制度を素材に;1940‐50年代の中国経済と日中関係;国民党政権と南京・重慶『中央日報』―戦時から戦後にかけての自立化傾向;リベラル派知識人の国際情勢観―1945年前後を中心に;錯綜する願い―国民政府教育部に寄せられた学生の手紙から)
第3部 東南アジアの変動(戦争・民族・国家―抗戦前後における雲南土司の苦境と選択:1942‐1952;重慶国民政府のビルマ国境政策と軍事占領1942‐1945;日中終戦前後の国民政府と東南アジア―重慶当局の戦後ラオスに対する構想および実践を中心に;南京大虐殺と難民の宗教生活)

[日販商品データベースより]

▼日中戦争をとらえなおす国際共同研究シリーズ第6巻。



▼1945年の日中終戦のグローバルなインパクトとその遺産を、

・終戦にともなう国際秩序の再編と戦後構想の展開、さらに東アジアに与えた影響、

・日中戦争を通じた中国の変容と、戦後中国の政治経済の再建に与えた影響、

・中国の辺境と東南アジア地域がどのように変化したか、

 という側面から、日本・中国・台湾・韓国・英国の研究者が多角的に分析する。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

憲政と近現代中国

憲政と近現代中国

石塚迅  中村元哉  山本真 

価格:2,750円(本体2,500円+税)

【2010年11月発売】

東アジア冷戦と韓米日関係

東アジア冷戦と韓米日関係

李鍾元 

価格:6,160円(本体5,600円+税)

【1996年03月発売】

ドイツ・パワーの逆説

ドイツ・パワーの逆説

ハンス・クンドナニ  中村登志哉 

価格:2,970円(本体2,700円+税)

【2019年11月発売】

マクロ中国政治

マクロ中国政治

王元 

価格:2,860円(本体2,600円+税)

【2011年12月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント