オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
死民と日常

私の水俣病闘争

弦書房 地方・小出版流通センター
渡辺京二 

価格
2,530円(本体2,300円+税)
発行年月
2017年11月
判型
四六判
ISBN
9784863291461

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

怨の旗のもとに集結し、近代社会の論理では決して動かない患者たちの決意をうけて、彼らと共闘した行動の軌跡と「闘争」の本質的な意味を改めて語る。彼らは何を求めたのか。

1 「闘争」のさなかで(現実と幻のはざまで;死民と日常;流民型労働者考;チンプンカンプンとしての裁判;終わりなき戦いの序章;私説自主交渉闘争;『わが死民』解説;方位 一九七二年七月〜一二月)
2 あの「闘争」とは何だったのか(水俣から訴えられたこと;創土社版『わが死民』あとがき;義の人の思い出;「許す」という意味)
資料(水俣病患者の最後の自主交渉を支持しチッソ水俣工場前に坐りこみを;われわれは存在をかけて処理委回答を阻止する;三宅さんの訴訟取下げについて)

[日販商品データベースより]

著者初の水俣病闘争論集ー水俣病問題の原点がここにある。



裁判闘争でもなく公害闘争でもない水俣病闘争とは何だったのかー



昭和31年(1956)、水俣病が公式に確認されてから2017年で61年がたつ。この長い事件史の中で、企業・行政の責任、謝罪・補償、患者認定の制度、被害の状況・対策など様々な問題が全国的に取りあげられる原点となった出来ごとが、本書のテーマ「水俣病闘争」である。昭和44年(1969)、いかなる支援も受けられず孤立した患者家族らと立ち上がり、〈闘争〉を支援することに徹した著者による初の闘争論集。当初、患者たちはチッソに対して何を求めたのか。市民運動とは一線を画した〈闘争〉の本質を改めて語る注目の一冊。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

公害・環境問題の放置構造と解決過程

公害・環境問題の放置構造と解決過程

藤川賢  渡辺伸一 

価格:4,180円(本体3,800円+税)

【2017年03月発売】

公害被害放置の社会学

公害被害放置の社会学

飯島伸子  渡辺伸一  藤川賢 

価格:3,960円(本体3,600円+税)

【2007年12月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント