重要 宅配出荷の遅延のお知らせ

ジャニーズカレンダー予約開始!

重要 宅配出荷の遅延のお知らせ

ジャニーズカレンダー予約開始!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:品切れのためご注文いただけません
もう誘拐なんてしない

文春文庫 ひ23ー1

文藝春秋
東川篤哉 

価格
649円(本体590円+税)
発行年月
2010年07月
判型
文庫
ISBN
9784167773847

入荷お知らせ希望に登録

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

大学の夏休み、先輩の手伝いで福岡県の門司でたこ焼き屋台のバイトをしていた樽井翔太郎は、ひょんなことからセーラー服の美少女、花園絵里香をヤクザ二人組から助け出してしまう。もしかして、これは恋の始まり!?いえいえ彼女は組長の娘。関門海峡を舞台に繰り広げられる青春コメディ&本格ミステリの傑作。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

探偵少女アリサの事件簿 さらば南武線

探偵少女アリサの事件簿 さらば南武線

東川篤哉 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【2021年11月発売】

新謎解きはディナーのあとで

新謎解きはディナーのあとで

東川篤哉 

価格:1,760円(本体1,600円+税)

【2021年04月発売】

探偵少女アリサの事件簿 今回は泣かずにやってます

探偵少女アリサの事件簿 今回は泣かずにやってます

東川篤哉 

価格:737円(本体670円+税)

【2020年10月発売】

謎解きはディナーのあとで ベスト版

謎解きはディナーのあとで ベスト版

東川篤哉 

価格:605円(本体550円+税)

【2019年12月発売】

かがやき荘西荻探偵局

かがやき荘西荻探偵局

東川篤哉 

価格:737円(本体670円+税)

【2019年05月発売】



ユーザーレビュー (6件、平均スコア:4.8)

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

HonyaClub.comアンケート

「夏の文庫2015」レビューコメント

息子の中学校での朝読書用に購入して自分でも読んでみたら、おばかな主人公が可愛くて楽しく一気に読んでしまいました(^-^)息子も大好きな本で、コメディ好きならどの年代にも楽しめる本だと思います!(Kin-chan/女性/50代)

HonyaClub.comアンケート

「日本列島 本の旅」レビューコメント

山口の名所がいろいろ出てくるし謎がひらめいた理由も山口の海のアレを使っていた。(コロすけ/男性/10代)

HonyaClub.comアンケート

「日本列島 本の旅」レビューコメント

この小説は関門海峡を挟んだ山口県下関市と福岡県北九州市門司港が舞台となっています。物語は門司港でヤクザの娘を狂言誘拐し海峡を漁船で渡り下関へ逃げますが、九州の門司港と本州の下関の唐戸港は渡船で5分の距離です。大型貨物船が右側通行で行きかう海峡は船のラッシュですが、渡船はその間をスイスイと横切ります。そして国道9号と海峡の間に漁師さんの家が並ぶ壇之浦町に厄介になったり、下関の西端にある彦島と市内を結ぶ「関彦橋(カンゲンキョウ)」が身代金受け渡しの場所として出てきたりします。下関といえば芥川賞を受賞した田中慎弥氏の「共喰い」で有名になりましたが、この作品でも甲本一樹が下関弁丸出しです。ミステリーとして面白い作品です。下関が小説の舞台になることはめったにないので読んでいて嬉しくなりました。テレビドラマにもなったようです。(90AC/男性/60代以上)

HonyaClub.comアンケート

「日本列島 本の旅」レビューコメント

山口県下関市と福岡県北九州市門司区、門司海峡を隔てた地域が舞台の中心で、設定も細かいので実際に行ったことがあると、さらに面白いと思います。ミステリですが、随所に笑いの要素が入っていますし、お話のテンポも早いので飽きることなく最後まで楽しめる作品でした。方言もしっかり話していて、良いスパイスになっていました。(Raina/女性/20代)

HonyaClub.comアンケート

「オススメの夏の文庫100冊」レビューコメント

正月のドラマでは「冬休みの焼き芋屋」の設定でしたが、原作では「夏休みにたこ焼き屋」です。東川さんのミステリーなのに笑える話が最高です。(Kee/男性/10代)

sige

舞台は関門海峡

 物語の舞台が、関門海峡を挟んだ門司港と下関。下関弁がたっぷり出てくるので下関出身の人は楽しめると思う。作品の雰囲気は“上方のドタバタ喜劇”の一言に尽きる。初めのうちは、ちょっとふざけすぎでないかいと鼻につく。解説によるとこの作者が“ユーモアとミステリーの融合”を目指しているようで、その意味ではミステリーもしっかりしていると感じた。しかし、あまりにもおふざけが過ぎるため、身代金誘拐とか殺人などが起こっても緊迫感がない。すべてがおちゃらけて見える。ユーモアももう少し控えめにするといい作品になるのではないかと思う。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ギフトラッピング特集

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント