重要株式会社KADOKAWA発行の商品につきまして

上半期ベストセラー
課題図書

本屋大賞

メディア化情報

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、洋書など在庫も充実

在庫状況:出版社よりお取り寄せ(通常3日〜20日で出荷)
公園の木はなぜ切られるのか

都市公園とPPP/PFI

自治体研究社
尾林芳匡 中川勝之 

価格
990円(本体900円+税)
発行年月
2024年05月
判型
A5
ISBN
9784880377667

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

第1章 外苑の森が危ない(明治神宮外苑の森が危ない;外苑の森が大きく変わる再開発計画 ほか)
第2章 全国で広がる公園PPP/PFIの動きと概観(都市公園はいま;都市公園法のあらまし ほか)
第3章 PPP/PFIとは(PPP/PFIとは;PPP/PFIが進められてきた背景 ほか)
第4章 公園をめぐる全国の事例(大阪市・「木を切る改革」と「稼ぐ公園」;さいたま市・与野中央公園 ほか)

[日販商品データベースより]

公園の木が切られ、スタジアム、アリーナが起立する!
明治神宮外苑に再開発計画が持ち上がっています。再開発により、外苑の樹木の大量伐採につながるのではないかと、各方面から批判の声があがっています。故・坂本龍一を初め、桑田佳祐、村上春樹らも反対意見を表明しています。
実は、このように、「公園の木が切られる」事態は日本全国で起こっています。それは、自治体、公共が市民のために公園を維持するよりも、「稼ぐ公園」へとシフトしているからなのです。そこには、「公園PFI」という手法を用いて、民間企業を取り込み、都市公園の民間化、産業化の動きがあります。大阪、埼玉、東京、静岡、長野、兵庫の実例を取り上げて、いちはやく「なぜ」をつきつけて、市民の憩いの場所である緑、公園への注目を喚起します。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

コンパクトシティを考える

コンパクトシティを考える

浅見泰司  中川雅之 

価格:2,530円(本体2,300円+税)

【2018年10月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りだくさん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント