重要株式会社KADOKAWA発行の商品につきまして

重要HonyaClub.comアフィリエイトプログラム終了のご案内

上半期ベストセラー
課題図書

本屋大賞

メディア化情報

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
女性兵士という難問

ジェンダーから問う戦争・軍隊の社会学

慶應義塾大学出版会
佐藤文香 

価格
2,640円(本体2,400円+税)
発行年月
2022年07月
判型
四六判
ISBN
9784766428353

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

21世紀に入り、世界中の軍隊で、女性兵士は数を増し、その役割を拡大させつづけている。しかし、この現象を単純な男女平等の進展と解するべきではないこと、フェミニズムにとって女性兵士は難問として存在するのであり、さまざまな立場がありうることは言うまでもない。本書では、この20余年のあいだに起こったさまざまな変化をふまえつつ、女性兵士が果たすことを求められてきた役割とその効果に着目し、検証していく。本書を貫く主張の一つは、戦争・軍隊を批判的に解剖するにあたって、「ジェンダーから問う」という視角が不可欠である、ということである。男らしさや女らしさといった観念の操作は、軍事化を推し進め、戦争を首尾よく遂行する際の要である。一方で、軍隊も戦争も、女性たちに依拠することを必ず必要としており、彼女たちの経験から現象を見つめることは、その男性中心性を明らかにするうえで欠かすことのできない作業である。本書は、「ジェンダーから問う」ことが、戦争・軍隊を批判的に考察するうえでいかに重要なのか、この視点を有することで見えてくる風景を描くことにより示していく。

第1部 ジェンダーから問う戦争・軍隊の社会学(ジェンダーから問う戦争・軍隊の社会学;戦争・軍隊の男性(性)研究 ほか)
第2部 女性兵士という難問(女性兵士を取りまく困難;女性兵士は男女平等の象徴か? ほか)
第3部 自衛隊におけるジェンダー(カモフラージュされた軍隊―自衛隊とグローバルなジェンダー主流化;ジェンダー化される「ポストモダンの軍隊」―「新しさ」をめぐり動員される女性性/男性性 ほか)
第4部 米軍におけるジェンダー(アメリカにおける軍隊の女性の今;軍事化される「平等」と「多様性」―米軍を手がかりとして)
第5部 戦争・軍隊と性(戦争・軍隊と性―『兵士とセックス』を読む;戦争と性暴力―語りの正統性をめぐって ほか)

[日販商品データベースより]

女性兵士は男女平等の象徴か?

戦争や軍隊は、どのような男性や女性によって担われ、

いかなる加害/被害関係を生起させているのか。

既存のジェンダー秩序を自明のものとすることなく、批判的に検証する。





21世紀に入り、世界中の軍隊で、女性兵士は数を増し、

その役割を拡大させつづけている。

しかし、この現象を単純な男女平等の進展と解するべきではないこと、

フェミニズムにとって女性兵士は難問として存在するのであり、

さまざまな立場がありうることは言うまでもない。



本書では、この20余年のあいだに起こったさまざまな変化を踏まえつつ、

女性兵士が果たすことを求められてきた役割とその効果に着目し、検証していく。



本書を貫く主張の一つは、戦争・軍隊を批判的に解剖するにあたって、

「ジェンダーから問う」という視角が不可欠である、ということである。

男らしさや女らしさといった観念の操作は、軍事化を推し進め、戦争を首尾よく遂行する際の要である。

一方で、軍隊も戦争も、女性たちに依拠することを必ず必要としており、

彼女たちの経験から現象を見つめることは、その男性中心性を明らかにするうえで

欠かすことのできない作業である。



本書は、「ジェンダーから問う」ことが、戦争・軍隊を批判的に考察するうえでいかに重要なのか、

この視点を有することで見えてくる風景を描くことにより示していく。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

半径50メートルのセカイ

半径50メートルのセカイ

佐藤オオキ 

価格:1,760円(本体1,600円+税)

【2022年12月発売】

国際社会学 改訂版

国際社会学 改訂版

宮島喬  佐藤成基  小ヶ谷千穂 

価格:3,080円(本体2,800円+税)

【2023年03月発売】

仕事の社会学 改訂版

仕事の社会学 改訂版

佐藤博樹  佐藤厚 

価格:2,530円(本体2,300円+税)

【2012年03月発売】

社会学の方法

社会学の方法

佐藤俊樹 

価格:3,850円(本体3,500円+税)

【2011年09月発売】

国家の社会学

国家の社会学

佐藤成基 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2014年12月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りだくさん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント