重要株式会社KADOKAWA発行の商品につきまして

重要HonyaClub.comアフィリエイトプログラム終了のご案内

上半期ベストセラー
課題図書

本屋大賞

メディア化情報

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
文豪悶悶日記

自由国民社
荒木優太 住本麻子 

価格
1,430円(本体1,300円+税)
発行年月
2023年09月
判型
四六判
ISBN
9784426129187

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

太宰治、坂口安吾、夏目漱石等、赤裸々に綴られた素顔の記録20作を収めた名文集。恋愛、悪態、生活苦…稀代の天才たちを悩ませたアチャーな日常。

鷺と鴛鴦―芥川龍之介
悶悶日記―太宰治
樺太通信(抄)―岩野泡鳴
自慢山ほど―横光利一
恋した女先生―田村俊子
古い覚帳について―林芙美子
「下女」と「循環小数」―小林多喜二
よもぎうにっ記(抄)―樋口一葉
雑談のおり―田山花袋
夫婦が作家である場合―宮本百合子
たそがれの味―泉鏡花
人の子の親となりて―坂口安吾
入社の辞―夏目漱石
巴里のむす子へ―岡本かの子
「泉」を創刊するにあたって―有島武郎
酒とドキドキ―江戸川乱歩
児を亡くして―与謝野晶子
長谷川辰之助―森鴎外
列伝―国木田独歩
墓―正岡子規

[日販商品データベースより]

そのお悩みが、もう文学賞。
恋愛、悪態、生活苦…稀代の天才たちを悩ませたアチャーな日常
太宰治、坂口安吾、夏目漱石等、赤裸々に綴られた素顔の記録20作を収めた名文集。

教科書にはたぶん載らない名作の余白――
偉大な作家たちの等身大の悩みを読めば
生きる力が湧いてくる。

-----------------------------------------

 近代文学といわれて、みなさんはなにを思い浮かべるでしょうか?
きっと夏目漱石の『こころ』や太宰治の『人間失格』、宇佐見りん『推し、燃ゆ』といった小説なんじゃないかと思います。
 でも、これってよくよく考えてみると不思議なことですよね。
だって、文学のなかには詩歌や童話、対話篇や戯曲(演劇)、
ときに批評・評論が入っていても全然おかしくないのに、
それをイメージするときはいつも小説のほうにひっぱられてしまいます。
 なのに、というべきか。私の理解が正しいのならば、
文学のなかで小説こそもっとも入門するのに難しいと思うのです。
 難しい理由はたくさんあります。まず長尺なものが多いですよね。
プルーストの『失われた時を求めて』なんて文庫本で十三巻くらいにもなる本当に馬鹿みたいな分厚さで、なんでみんなしてあれを褒めるのかといったら、
あれほど長いんだからきっとなにかの頑張りがあふれているに違いない、
なーんて読まずにテキトーかましてるんじゃないかしらん……
などと若いときはよく考えたものです。

(中略)

 そんなとき、私は若い頃からちょっとした裏技、チートみたいなものを使っています。
特に文豪とも呼ばれる、歴史上に名が残る文学者の作品にハジメマシテするときには、まずその個人の全集(漱石全集とか太宰全集とかですね)の後ろのほうの巻、
なかでも「随筆」や「雑編」の巻を借りてきて、まずはここから読み始めるのです。

(中略)

 雑文を繰り返し読んでいると、偉い文学先生といえど、卑近な自分たちと大して変わらない、
いや、もっと下らないようなことで悩んだり、苦しんだり、そして喜んだりしているんだなと、驚くようなおかしいような気持ちになります。
恋愛、仕事、転職、結婚、子育て、老い、死……悶々は止まりません。
文学の材料なんて、決して遠いところまで旅しなくても、たくさん眠っていたのだということに気づきます。
それは同時に、みなさんの日常に起きるどんな些細な出来事にも、のちに名作として語られる(かもしれない)文学の種があるということを意味しています。
 そう考えてみると、目の前で起こるすべてのことがちょっとキラキラしてきませんか?
等身大の文豪たちはそれを教えてくれています。
(本書「はじめに」より抜粋)

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

よくわかる源氏物語

よくわかる源氏物語

高木和子  松野彩  青島麻子 

価格:1,650円(本体1,500円+税)

【2024年05月発売】

紫式部と清少納言が語る平安女子のくらし

紫式部と清少納言が語る平安女子のくらし

鳥居本幸代 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2023年11月発売】

源氏物語

源氏物語

青島麻子 

価格:2,420円(本体2,200円+税)

【2019年10月発売】

はじめて読む源氏物語

はじめて読む源氏物語

藤原克己  今井上  青島麻子 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2020年01月発売】

正岡子規ベースボール文集

正岡子規ベースボール文集

復本一郎 

価格:462円(本体420円+税)

【2022年09月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りだくさん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント