重要システムメンテナンスのご案内

重要株式会社KADOKAWA発行の商品につきまして

芥川賞・直木賞
課題図書

芥川賞・直木賞

課題図書

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
ビッチな動物たち

雌の恐るべき性戦略

柏書房
ルーシー・クック 小林玲子(翻訳家) 

価格
3,080円(本体2,800円+税)
発行年月
2023年09月
判型
四六判
ISBN
9784760155279

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

動物界ではホモセクシャルはあたりまえ。雌は浮気し、雄は性転換することもある。本当の性淘汰とはいったいなんだろうか。

第1章 性の混沌―雌という存在について
第2章 配偶者選択とは何か―謎解きはロボバードにお任せ
第3章 単婚神話―奔放な雌、キイロショウジョウバエ騒動
第4章 恋人を食べる50の方法―性的共食いという難問
第5章 愛の嵐―生殖器をめぐる戦い
第6章 ノーモア・マドンナ―無私の母親、空想の動物たち
第7章 ビッチ対ビッチ―女の争い
第8章 霊長類の政治学―シスターフッドの威力
第9章 母権制社会と閉経―シャチとヒトの絆
第10章 わたしたちは自力でやる―雄のいない雌たち
第11章 二項対立を超えて―進化の虹
終章 先入観のない自然界

[日販商品データベースより]

ダーウィンが進化論を唱えたのは150年以上前のヴィクトリア朝の時代。画期的な理論を発表したものの、当然、彼の考えにも当時の女性観が反映されていた。その結果、調べる対象となった動物はすべて雄だったのだ。誰ももう一方の雌を調べようとはしてこなかった。そのため両性を見比べた科学的で正確な検証がなされず、たまたま雄に見られるものを動物のすべてにはめ込んだ歪んだ見方がまかりとおってきたのだ。
 これまで動物の雌雄の役割については、人間での男女の役割を基準にその行動や社会的地位が調べられてきた。つまり雄は雌より優位であり、一夫一婦制が動物にも見られれば、これは倫理的な行動だなどと決めつけてきた。実はこれらはジェンダーバイアスによって男性優位の社会や文化が生み出した歪んだ見方だということがわかってきた。動物が種の保存のために遺伝子(子孫)を残そうとするなら、それは雄だけに限ったものではないはずだ。アザラシがハーレムを作ると、動物の雄にはそうした志向が強いなどと安直に結論づける。だが、もし互いの性が子孫を残しつつ遺伝的多様性を獲得するなら、雄だけでなく雄雌ともに熾烈な生存競争をしていると考えるべきだ。
 本書は、ジェンダー政策が表だって社会的な問題として認識されるようになった時代に、私たち以外の動物界は女性であることの本質について何を教えてくれるかということを述べている。性別のステレオタイプの犠牲者は人間だけではない。動物種の雌の一般的なイメージは、献身的な母と誠実なパートナーのそれであり、消極的で内気な弱い性のそれなのだ。これらのステレオタイプは、私たちが他の動物を認識する方法になぜか組み込まれている。しかし、すべての動物社会が男性に支配されたり、雄雌の役割を果たしたり、さらには雄を必要とする生活をしているわけではない。
 アルファ雌は、非常に多様な種類にわたって進化してきた。雌は雄と同じようにお互いを競い合い、種によっては非常に攻撃的になることもある。アンテロープのトピは最高の雄を奪い合うためにその巨大な角で血みどろの戦いを繰り広げ、ミーアキャットの女家長は地球上で最も殺人的な動物であり、競争相手の赤ちゃんを殺して繁殖を抑制する。恋人を食料とする共食いのメスのクモや、雄を完全に排除してクローンのみで繁殖する「レズビアン」のヤモリなどもいる。
 何世紀にもわたって、動物の女性性の自然なスペクトルの多くは無視されてきた。文化的な偏見に目を奪われた科学者たちは、動物をその時代の社会に見られる役割のなかに投げ込んだのだ。ダーウィンは、男性は支配的で活動的で「情熱的」であるのに対し、女性は受動的で「臆病」で一夫一婦制を求めるという見方をした。これらの考えは、その賞味期限をはるかに超えて、科学の世界に残存している。本書は、本当の雌とはどういうものか、「Bitch」というタイトルで、男目線の幻想をひっくり返すべく、挑発的かつ面白く事例をあげ証明していく。男性が求める女性像を破壊しつつ、本当の女性(雌)とは何かを明らかにする。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

なぜヒトだけが老いるのか

なぜヒトだけが老いるのか

小林武彦 

価格:990円(本体900円+税)

【2023年06月発売】

モフモフはなぜ可愛いのか

モフモフはなぜ可愛いのか

小林朋道 

価格:880円(本体800円+税)

【2024年02月発売】

かけらが語る地球と人類138億年の大図鑑

かけらが語る地球と人類138億年の大図鑑

ミニ・ミュージアム  縣秀彦  小林玲子(翻訳家) 

価格:3,740円(本体3,400円+税)

【2022年10月発売】

ゴリラの森、言葉の海

ゴリラの森、言葉の海

山極寿一  小川洋子(小説家) 

価格:649円(本体590円+税)

【2021年11月発売】

岩田慶治を読む

岩田慶治を読む

松本博之(人類学)  関根康正 

価格:5,060円(本体4,600円+税)

【2022年12月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りだくさん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント