重要 「雑誌定期購読」のお取扱いについて

ジャニーズカレンダー予約開始!

重要 「雑誌定期購読」のお取扱いについて

ジャニーズカレンダー予約開始!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
コロナ禍の途上国と世界の変容

軋む国際秩序、分断、格差、貧困を考える

日経BPM(日本経済新聞出版本部)
佐藤仁志 

価格
3,850円(本体3,500円+税)
発行年月
2021年10月
判型
A5
ISBN
9784532135201

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

国際経済、デジタル、貧困と格差、途上国―各領域の専門家が最新データと緻密な分析をもとに、課題と展望を多面的に読み解く。

新型コロナ危機で何が変わったか
第1部 テーマ別アプローチ(貿易政策と貿易への影響―貿易減少を止められるか?;パンデミック下の金融危機―新興国の資本移動と脆弱性;デジタル技術の役割―「コロナテック」への期待と課題;人種・貧富・教育による格差―実証データからわかること;海外ビジネス展開への反響―対面コミュニケーションの危機;後開発途上国の振興農業への影響―生鮮フルーツ・野菜貿易の不振)
第2部 地域研究アプローチ(ポストコロナの米中関係―新たな国際秩序の形成を目指す中国;韓国はコロナ対策の優等生なのか?―「K防疫」と新たな成長戦略の模索;保護主義に傾倒するインド―新型コロナ対策の失敗で深まる経済の危機;経済優先のブラジル―秩序を欠いた感染症対策;南アフリカの対応とその世界―HIV/エイズや貧困問題への取り組みの経験は活かせたか?)
第3部 国際的な視点(問われる企業の社会的責任―新型コロナウイルス危機が示す「ビジネスと人権」の本質;ポストコロナの国際秩序―デジタル分野における覇権争い;多国間協調の利益と課題―WHOとWTO;ポストコロナの不安―日本への示唆;あとがき;人名・事項索引;編著者紹介)

[日販商品データベースより]

■コロナ危機が襲い、国際協調が弱体化するなかでの新興国経済の状況を分析し、日本がとるべき道を探る。コロナ危機が明らかにした格差,世界経済の行方,国際関係の再構築といった課題に対し,貿易,国際金融,技術,格差,多国籍企業,国際秩序・協調などの地域横断的なテーマ視点からの分析と,中国,韓国,インド,ブラジル,南アフリカなど個別地域に焦点を当てた分析の両方から立体的なアプローチを試みる。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

ウイルスが変えた世界の構造

ウイルスが変えた世界の構造

副島隆彦  佐藤優 

価格:1,650円(本体1,500円+税)

【2021年01月発売】

危機に立つ世界貿易体制

危機に立つ世界貿易体制

ヤグディシュ・N.バグワッティ  佐藤隆三(経済学)  小川春男 

価格:2,310円(本体2,100円+税)

【1993年07月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ギフトラッピング特集

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント