特集「平和について考える」
課題図書

特集「平和について考える」

課題図書

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:出版社よりお取り寄せ(通常3日〜20日で出荷)
土門拳

小学館
小学館 

価格
352,000円(本体320,000円+税)
発行年月
2021年05月
判型
規格外
ISBN
9784096823569

欲しいものリストに追加する

ちょっと読んでみる

内容情報
[日販商品データベースより]

"土門拳の名作写真を大迫力画面で見せる!

日本を代表する世界的写真家・土門拳は1939年に室生寺を訪れて以来、古寺を巡り、古寺を撮影することをライフワークとした。その中から生まれたのが、日本写真史上に燦然と輝く不朽の名作『古寺巡礼』であり、本書はこの『古寺巡礼』を中心に、土門が生涯撮り続けた仏像、古建築の写真216点を、縦69cm、横50cmの大迫力誌面に、最新の印刷技術で掲載したものである。
1940年代に撮影されたガラス乾板27点を含む大半の写真は、半世紀以上前に撮られたものだが、その先鋭描写と圧倒的な存在感は、最新技術で撮影された昨今のデジタル写真を遥かに凌駕し、見るものに強烈なインパクトを与える。1968年に右半身不随となった後に撮影された写真も13点掲載され、写真への執念があふれ出る。
付録の解説小冊子は68ページの充実内容。解説を読みながら写真を見ると、土門拳の声が聞こえるかのよう。ふたりの弟子による撮影秘話も必読。土門が何故ここまでの存在感ある写真を撮影できたかの秘密を知ることができる。
法隆寺、薬師寺、東大寺、唐招提寺、東寺、平等院、中尊寺等、世界遺産登録の寺院を含む26ヶ寺、5地域の仏教美術を掲載。


【編集担当からのおすすめ情報】
★本書の5大ポイント
1,写真史に残る、土門拳の古寺、仏像に関する不朽の名作写真を網羅!
2,見開きにすると、縦69センチ、横1メートルの大迫力! 土門拳記念館の展示パネルとほぼ同サイズなので、自宅で美術館気分が味わえる!
3,過去最大級のサイズに印刷したことで、土門拳の写真技術がいかにすごかったか、また、土門拳がどのような意図で被写体に立ち向かっていたか、が明らかに! 発見と感動の連続!
4,1940年代にガラス乾板で撮影されていた、貴重な写真27点を最新印刷技術で掲載
5,充実内容の68ページ解説小冊子付。土門拳が「何に魅了されて撮影したか」を記す貴重なことば、そしてふたりの弟子による撮影秘話も必読!
"



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ギフトラッピング特集

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント