オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
有題無題

日本読書新聞1958ー1963

弦書房 地方・小出版流通センター
巖浩 

価格
2,860円(本体2,600円+税)
発行年月
2020年12月
判型
四六判
ISBN
9784863292147

欲しいものリストに追加する

ちょっと読んでみる

内容情報
[BOOKデータベースより]

昭和30年代当時、どのような本が読まれていたのか。鶴見俊輔、吉本隆明、橋川文三、三島由紀夫、島尾敏雄など、若き思想家・作家たちが当時をどのようにとらえていたのか。同時代を生きた筆者・巖浩が明快に語る。多くの読書人たちを魅きつけた「日本読書新聞」の名物コラム“有題無題”の当時の筆者がみた戦後日本への直言268話。

昭和三十三年(一九五八)
昭和三十四年(一九五九)
昭和三十五年(一九六〇)
昭和三十六年(一九六一)
昭和三十七年(一九六二)
昭和三十八年(一九六三)
付録 “理想の小新聞”夢見て「日本読書新聞」25周年に

[日販商品データベースより]

よみがえる昭和30年代。多くの読書人たちを魅きつけた「日本読書新聞」の名物コラム〈有題無題〉の当時の筆者がみた戦後日本への直言268話。 昭和30年代当時、どのような本が読まれていたのか。鶴見俊輔、吉本隆明、 橋川文三、三島由紀夫、島尾敏雄など、若き思想家・作家たちが当時をどのようにとらえていたのか。同時代を生きた筆者・巖浩が明快に語る。 自身の戦争体験からくる高度経済成長期という時代への違和感が浮かび上がる。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

北国からの手紙 キタキツネが教えてくれたこと

北国からの手紙 キタキツネが教えてくれたこと

井上浩輝 

価格:1,760円(本体1,600円+税)

【2018年06月発売】

ゆるく考える

ゆるく考える

東浩紀 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2019年02月発売】

懐かしき人々

懐かしき人々

巖浩 

価格:2,640円(本体2,400円+税)

【2019年12月発売】

工学部ヒラノ教授の徘徊老人日記

工学部ヒラノ教授の徘徊老人日記

今野浩 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2020年03月発売】

極小農園日記

極小農園日記

荻原浩 

価格:1,650円(本体1,500円+税)

【2018年03月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

新しい一歩を踏み出すあなたへ。

ギフトラッピング特集

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント