オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
われわれが災禍を悼むとき

慰霊祭・追悼式の社会学

慶應義塾大学出版会
福田雄 

価格
3,300円(本体3,000円+税)
発行年月
2020年03月
判型
四六判
ISBN
9784766426540

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

われわれはいかに災後を生きるのか。「たまたま被災してしまった」という、「偶然性」がもたらす苦しみ。災禍を語り、ともに祈り、後世に託すことには、いかなる社会的意味があるのか。苦難と向き合い、乗り越え、折り合いをつけながら生きていくための営為を辿った力作。

序章 災禍の儀礼の社会学に向けて
第1章 苦難へのコーピングと宗教
第2章 苦難の神義論における集団と個人
第3章 苦難の神義論から「救いの約束」論へ
第4章 救いの約束のバリエーション
第5章 「無宗教」式の慰霊・追悼と「儀礼のエキスパート」
第6章 儀礼のディレクション(演出/方向)と「われわれ」のダイナミズム
終章 遇うて空しく過ぐること勿れ―災禍の儀礼の社会学的諸特質

[日販商品データベースより]

▼「なぜ私が」という苦しみと対峙する



災禍という不条理に遭い、大切な人々を失い、遺される者たち。被災者や遺族、支援者や宗教者らは繰り返し集い、祈りを捧げる。東日本大震災、スマトラ島沖地震の被災地における儀礼をあとづけ、人々が苦難と向き合う軌跡を辿る。



▼われわれはいかに災後を生きるのか



「たまたま被災してしまった」という、「偶然性」がもたらす苦しみ。

災禍を語り、ともに祈り、後世に託すことには、いかなる社会的意味があるのか。

苦難と向き合い、乗り越え、折り合いをつけながら生きていくための営為を辿った力作。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

デジタル社会はなぜ生きにくいか

デジタル社会はなぜ生きにくいか

徳田雄洋 

価格:770円(本体700円+税)

【2009年05月発売】

平成批評

平成批評

福田和也 

価格:946円(本体860円+税)

【2019年04月発売】

基礎から学ぶ社会調査と計量分析

基礎から学ぶ社会調査と計量分析

林雄亮  石田賢示 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2017年04月発売】

変化を生きながら変化を創る

変化を生きながら変化を創る

北野雄士 

価格:4,400円(本体4,000円+税)

【2018年03月発売】

OTAKUエリート

OTAKUエリート

羽生雄毅 

価格:968円(本体880円+税)

【2016年01月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント