オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
死体は語る 2

上野博士の法医学ノート
文春文庫 う12ー2

文藝春秋
上野正彦 

価格
715円(本体650円+税)
発行年月
2020年02月
判型
文庫
ISBN
9784167914455

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

焼け跡から発見された頸や顔が焼け焦げた母子の死体。監察医の著者は、焼死ではない、「絞殺死」だと見破る。その根拠とは?死斑の色に、まぶたの裏に、頭蓋骨の奥底に、本当の死因は隠されている。捜査機関から絶大な信頼を得た元監察医が、二万体を超す検死実績から導き出した、死体の声無き声を聴く「上野法医学」決定版。

偽装を見破った話(死斑篇)
弁慶の立ち往生(死体硬直篇)
真冬の水風呂(体温の冷却篇)
死んでも髭や爪は伸びるのか(死体の乾燥篇)
青鬼・赤鬼・黒鬼・白鬼(死亡時刻の推定篇)
生前のきず、死後のきず(生活反応篇)
語らぬ死体が語り出す(出血・うっ血・溢血点篇)
顔がうっ血している死体(窒息篇・その1)
窒息死の謎を解け(窒息篇・その2)
耳から溺れる話(溺死篇・その1)
水中死体は溺死とは限らない(溺死編・その2)
メッタ刺しは小心者の仕業?(損傷編・その1)
飛び降り自殺は足から着地?(損傷編・その2)
頭部への衝撃が本当に怖い理由(損傷篇・その3)
外傷を見れば事件が分かる(交通外傷篇・その1)
墜落外傷と交通外傷は似ている(交通外傷篇・その2)
銃でどこを撃てば人は死ぬか(銃創篇)
火傷死、焼死、熱中症(その他の外因死篇・その1)
凍死、感電死、飢餓死(その他の外因死篇・その2)
生と死を考える(嬰児殺篇)
独り歩きをする毒物(中毒篇・その1)
青酸化合物、練炭ガス、サリン(中毒篇・その2)
酒は百薬の長か(中毒篇・その3)
砒素、トリカブト…まだある毒物(中毒篇・その4)
元気な人の突然死(内因性急死篇)
人はいかにして死ぬか(尊厳死、安楽死、終末医療篇)

[日販商品データベースより]

〈声無き死体のミステリー。この謎が解けますか?〉

町はずれの一軒家が火事になった。焼け跡から、頸や顔が焼け焦げた2人の死体が発見された。この家に住む母と子で、一見して「焼死体」と判断される状況。だが、監察医であった著者は、警察の検視官に見せられたある写真に注目する。「これは、絞め殺されている!」――焼死ではない、「絞殺死」だと断定した根拠とは、一体なにか?



死斑の色に、まぶたの裏に、頭蓋骨の奥底に、本当の死因は隠されている。捜査機関から絶大な信頼を得た元監察医が、2万体を超す検死実績から導き出した、死体の声無き声を聴く「上野法医学」、決定版。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

孤独な死体

孤独な死体

上野正彦 

価格:858円(本体780円+税)

【2014年02月発売】

臨床研究立ち上げから英語論文発表まで最速最短で行うための極意実践対談編

臨床研究立ち上げから英語論文発表まで最速最短で行うための極意実践対談編

原正彦 

価格:4,620円(本体4,200円+税)

【2018年04月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント