LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
なぜ必敗の戦争を始めたのか

陸軍エリート将校反省会議
文春新書 1204

文藝春秋
半藤一利 

価格
950円(本体880円+税)
発行年月
2019年02月
判型
新書
ISBN
9784166612048

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

陸軍参謀たちによる幻の座談会があった。雑誌『偕行』に掲載された「大東亜戦争の開戦の経緯」が初の書籍化。なぜ無謀といわれるアメリカとの戦争に突入したのか、陸軍中枢にいたエリートが真実を語り尽くす。昭和史の第一人者、半藤一利氏による書き下ろし解説付き。

第1章 三国同盟―積極的ではなかった陸軍
第2章 北部仏印進駐―海軍とのかけひき
第3章 南部仏印進駐―アメリカの反応を見誤る
第4章 独ソ開戦―「北進」か「南進」か
第5章 御前会議―まだ開戦に慎重だった陸軍
第6章 東条内閣の成立―開戦への決意
第7章 対米開戦―いかにして戦争を終わらせようとしたのか

[日販商品データベースより]

「アメリカと戦争するなんて、夢にも思わなかった」

参謀本部、陸軍省の元エリートたちは口を揃える。

日本最強の巨大組織で、何が起こっていたのか?



○環境の激変に対応できない

○戦略の見誤り&行き詰まり

○内部の“急進派”に攪乱される

○他部署(海軍など)との

コミュニケーション欠如&利権争い

○相手(アメリカ、中国)の反応を読み違える



○次第に選択肢がなくなり、追い詰められる



あなたの組織はどうですか?





・日独伊三国同盟の功罪

・なぜ仏印進駐は行なわれたのか

・海軍との壮絶な駆け引き

・予想を超えたアメリカの経済制裁

・独ソ開戦の影響

・いつ対米開戦を決意したのか ほか



果たして陸軍の何が間違っていたのか、そもそも陸軍だけが悪いのか――

雑誌『偕行』に掲載された、陸軍将校による座談会「大東亜戦争の開戦経緯」が初の書籍化。あの戦争を戦った陸軍軍人たちの本音とは。

この座談会を昭和史研究の基礎資料として読み込んできた半藤一利氏による約4万字の書き下ろし解説を収録。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

戦う石橋湛山

戦う石橋湛山

半藤一利 

価格:950円(本体880円+税)

【2019年04月発売】

戦藻録 上

戦藻録 上

宇垣纒  半藤一利  戸高一成 

価格:2,970円(本体2,750円+税)

【2019年03月発売】

B面昭和史

B面昭和史

半藤一利 

価格:1,080円(本体1,000円+税)

【2019年02月発売】

大人のための昭和史入門

大人のための昭和史入門

半藤一利  船橋洋一  出口治明 

価格:842円(本体780円+税)

【2015年08月発売】

世界史のなかの昭和史

世界史のなかの昭和史

半藤一利 

価格:1,836円(本体1,700円+税)

【2018年02月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,296円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規定
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント
    W会員