税込 2,000円以上お買い上げ&エントリーで応募!総勢1,228名様にプレゼントが当たる!

重要 お盆期間の配送についてのご案内

「書店祭」総勢1,228名様に当たる!プレゼントキャンペーン

↑↑お買い上げ&エントリーでプレゼントが当たる↑↑

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:出版社よりお取り寄せ(1週間程度で出荷)
戦後と災後の間

溶融するメディアと社会
集英社新書 0938B

集英社
吉見俊哉 

価格
902円(本体820円+税)
発行年月
2018年06月
判型
新書
ISBN
9784087210385

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

フクシマ、トランプ、東京五輪問題に、パナマ文書、ポケモンGOのブーム、公文書管理の闇、そして日常に迫るテロリズム…。近年起きた無数の出来事が示すのは、メディアと社会の溶融である。本書では、東日本大震災後という意味での「災後」の二〇一〇年代に足場を置き、安倍政権とほぼ重なる「災後」の近景、それを一九九〇年代半ばからの変化として捉える中景、さらに戦後日本、なかでも七〇年代頃からの歴史に位置づける遠景の三重の焦点距離を通して戦後と災後の間を考察。未来への展望を示す。

第1章 記憶の災後―情報は誰のものか 二〇一三年四月〜一二月
第2章 縮む「戦争」と「日常」の距離 二〇一四年一月〜一二月
第3章 対話を封殺する言葉―「イスラム国」と日米同盟 二〇一五年一月〜一二月
第4章 仮想のグローバルディストピア 二〇一六年一月〜一二月
第5章 ポスト真実化する社会のなかで 二〇一七年一月〜二〇一八年三月
年表 2013年〜18年に起きた主な出来事

[日販商品データベースより]

東京五輪の開催に沸く日本。しかし2020年以後の世界はどうなるのか? それを知る鍵は、「災後」と称する90年代半ばにあった。本書は未来予測に役立つ思考法を提供。最新の社会情勢を読み解く。


この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

メディアとしての電話

メディアとしての電話

吉見俊哉 

価格:2,464円(本体2,240円+税)

【1992年11月発売】

文化社会学の条件

文化社会学の条件

吉見俊哉 

価格:3,080円(本体2,800円+税)

【2014年10月発売】

現代文化論

現代文化論

吉見俊哉 

価格:2,200円(本体2,000円+税)

【2018年11月発売】

アフター・カルチュラル・スタディーズ

アフター・カルチュラル・スタディーズ

吉見俊哉 

価格:2,860円(本体2,600円+税)

【2019年07月発売】

視覚都市の地政学

視覚都市の地政学

吉見俊哉 

価格:5,390円(本体4,900円+税)

【2016年03月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント