重要 クレジットカード決済サービスの一時停止について(システムメンテナンス)

特集「平和について考える」
課題図書

重要クレジットカード決済サービスの一時停止について(システムメンテナンス)

重要お盆期間の配送についてのご案内

特集「平和について考える」

課題図書

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
テヘランからきた男

西田厚聰と東芝壊滅

小学館
児玉博 

価格
1,650円(本体1,500円+税)
発行年月
2017年11月
判型
四六判
ISBN
9784093897747

欲しいものリストに追加する

ちょっと読んでみる

内容情報
[BOOKデータベースより]

およそ半世紀前、東大大学院で政治思想史を学んでいた青年は、恋人を追って、“最果ての地”イランに辿り着く。東芝の合弁会社に現地採用されると頭角を現し、その後、欧州でパソコンを売り歩くや、東芝再興をなし遂げる。社長に成り上がり、筆者に「運命はコントロールせよ」と豪語した男は、しかし米原子力事業の泥沼に落ち、晩年は“財界総理”を目指して、醜き人事抗争を繰り広げた。その男は、創業140年の名門企業に何をもたらしたのか。2017年10月初旬、最後のインタビューは行われた。実は、西田は9時間を超える大手術、3ヶ月に及ぶ入院生活を経て、ようやく退院したところだった。存亡の危機に立たされていた古巣と同様、この男もまた死線をさまよっていた。“戦犯”と呼ばれた経営者の全告白。

序章 戦犯と呼ばれた男
第1章 覇者の経営
第2章 土光敏夫とイラン革命
第3章 雨降る故郷
第4章 パソコン神話
第5章 愚かな争い
第6章 名門陥落はいつ起きたか
第7章 盟主なき帝国
終章 最後の対話
年表

[日販商品データベースより]

死の2ヶ月前、最期に明かした「真実」

【各紙誌大絶賛!】
・書評
読売新聞 「異端経営者の盛衰史」(2017年12月17日付、評者:稲泉連氏)
日経新聞 「変革者の軌跡から探る病根」(2018年2月3日付)
週刊現代 「墜ちた名門の元トップが語る不正と巨額損失の真実」(2017年12月23日号、評者:磯山友幸氏)
週刊文春 「何もかも切ない」(2018年2月1日号、評者:山岡淳一郎氏)
日刊ゲンダイ 「若き頃の活躍と死の直前インタビューの落差」(2017年12月18日付、評者:中川淳一郎氏)

・著者インタビュー
週刊ダイヤモンド(2018年1月13日号)
プレジデント(2018年2月12日号)

・その他
朝日新聞 「折々のことば」(2018年1月22日、文:鷲田清一氏)

【内容紹介】
イランで現地採用され、社長に成り上がるや、米原子力事業を6400億円で買った男は、いつ、どこで、何を、どう間違え、東芝を “奈落の底”に突き落としたのか。

2017年10月初旬、横浜市の自宅で3時間半に及ぶインタビューは行われた。実は、西田氏は9時間を超える大手術、3ヶ月に及ぶ入院生活を経て、ようやく退院したところだった。存亡の危機に立たされていた古巣と同様、西田氏もまた死線をさまよっていた。

――東日本大震災、そして原発事故がなければ、東芝はどうなっていたんでしょうか。
「事故が起きなくても同じような問題が起きたんじゃないでしょうか。先延ばしされただけじゃないかな。すべては経営の問題だから」

この発言から2ヶ月後、西田氏は心筋梗塞で逝去した。享年73。文字通り、最期のインタビューで、語ったのか。かつて「平成のスター経営者」と謳われ、昨今は「名門崩壊を導いた戦犯」と指弾されていた経営者の「遺言」である。



【編集担当からのおすすめ情報】
2000年代、顔の見える経営者、そして「選択と集中」の実践者として、元東芝社長、西田厚聰氏は、日本財界の顔でした。東大大学院で西洋政治思想史を学び、恋人を追ってイランに辿り着き、そしてイラン政府と東芝の合弁会社に現地採用された異色の経歴も、氏の出世伝説を引き立てました。しかし、西田氏が社長を退いてから10年にも満たない現在、誰が東芝の窮状を想像できたでしょうか。そして、米国原子力事業の買収をはじめとして、名門崩壊のトリガーを引いたのは、西田氏と糾弾されてもいます。本作は、西田氏という異端の企業人の歩みを追いながら、企業崩壊の内幕を描くビジネスノンフィクションです。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

森に暮らし、鳥になった人。

森に暮らし、鳥になった人。

柳生博 

価格:3,300円(本体3,000円+税)

【2022年07月発売】

第1感

第1感

マルコム・グラッドウェル  沢田博  阿部尚美 

価格:1,100円(本体1,000円+税)

【2022年04月発売】

高山の美を語る

高山の美を語る

吉田博 

価格:990円(本体900円+税)

【2021年08月発売】

誰にも奪われたくない/凸撃

誰にも奪われたくない/凸撃

児玉雨子 

価格:1,694円(本体1,540円+税)

【2021年07月発売】

こんなにも面白い万葉集

こんなにも面白い万葉集

山口博 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【2019年11月発売】



ユーザーレビュー (1件、平均スコア:3)

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

北区の太

経営者の一番大切なこと

ここ数年、世間を騒がせている「東芝」凋落の原因の1つである歴代経営者、特にその経歴が異色な西田社長を中心に本人およびその周囲へのインタビューを含めた取材を基に書き下ろした1冊。これを読むと、担当者として優秀であることと、経営者として優秀であることとは別物であるということがよく分かる。また、経営者として一番大切なことは、@後継者選びとA私利私欲を捨て自分の在任期間後のことを感がえられることの2つであることがよく分かる。しかし、この西田社長という人物はなかなか魅力的。この本の中では、他の西室・佐々木・田中といった、かなりひどい(特に佐々木社長が一番ひどそう)歴代社長と同列に扱われているが、実像はどうだったのか。東芝内紛の真相とあわせもっと知りたくなった。しかし、死人に口なし、この本出版直後にご本人が亡くなってしまったので、真相は永遠に闇の中か。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント