LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
『写真週報』とその時代 上

戦時日本の国民生活 

慶応義塾大学出版会
玉井清 

価格
3,740円(本体3,400円+税)
発行年月
2017年07月
判型
A5
ISBN
9784766424355

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

戦時中、政府のプロパガンダを国民にわかりやすくアピールする目的で、昭和13年2月から20年7月まで発行されていた国策グラフ雑誌『写真週報』。当時掲載された350点を超える画像を紹介しつつ、そこから読みとれる当時の政策、国民の生活や意識を立体的に描き出す。上巻「戦時日本の国民生活」では、『写真週報』の創刊事情をまず詳述し、食糧や物資の徴用、労務動員など、モノから人へと広がった動員に『写真週報』が果たした役割と、国民生活の変容の実態を明らかにする。

第1章 国民を動員せよ―国策グラフ誌『写真週報』の誕生
第2章 食糧増産、供出せよ―食糧事情の逼迫と食糧管理の強化
第3章 ぜいたくは敵だ―貯蓄節約の奨励
第4章 運べよ物資、耐えよ混雑―輸送力増強とその限界
第5章 産めよ増やせよ鍛えよ体―健民運動の変容
第6章 工場へ、工場へ―労務動員政策の展開
第7章 学校を動員せよ―児童学徒の報国精神
第8章 女性も戦おう―銃後の女性の勤労精神

[日販商品データベースより]

▼戦時のグラフ雑誌『写真週報』から当時の世相を読み解く!

▼画像をふんだんに紹介しながらテーマ別にアプローチ。

▼上巻は、国民生活を中心に構成。



戦時中、政府のプロパガンダを国民にわかりやすくアピールする目的で、昭和13年2月から20年7月まで発行されていた国策グラフ雑誌 『写真週報』。当時掲載された350点を超える画像を紹介しつつ、「食糧」「健康増進」「戦局報道」等テーマ別のアプローチにより、そこから読みとれる当時の政策、国民の生活や意識を立体的に描き出す。



上巻では、『写真週報』の創刊事情をまず詳述し、食糧や物資の徴用、労務動員など、モノから人へと広がった動員に『写真週報』が果たした役割と、国民生活の変容の実態を明らかにする。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

戦前日本のポピュリズム

戦前日本のポピュリズム

筒井清忠 

価格:1,012円(本体920円+税)

【2018年01月発売】

昭和史講義【軍人篇】

昭和史講義【軍人篇】

筒井清忠 

価格:990円(本体900円+税)

【2018年07月発売】

昭和史講義【戦前文化人篇】

昭和史講義【戦前文化人篇】

筒井清忠 

価格:990円(本体900円+税)

【2019年07月発売】

明治史講義

明治史講義

筒井清忠 

価格:1,210円(本体1,100円+税)

【2018年04月発売】

『写真週報』とその時代 下

『写真週報』とその時代 下

玉井清 

価格:3,740円(本体3,400円+税)

【2017年07月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

バナー

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント