オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
宇宙はなぜ「暗い」のか?

オルバースのパラドックスと宇宙の姿

ベレ出版
津村耕司 

価格
1,650円(本体1,500円+税)
発行年月
2017年01月
判型
B6
ISBN
9784860645014

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

「夜が暗い」という不思議―宇宙の明るさから探る宇宙の姿。「宇宙が暗いなんて当たり前じゃないか」と思われるかもしれません。確かに私たちは毎日、太陽が沈んで夜になると、空が暗くなることを知っています。この夜の暗さこそが、「宇宙の暗さ」です。この当たり前に思えることは、じつはとても不思議なことで、「無限の空間に無限の恒星が一様に散らばっているとしたら、空は全体が太陽面のように明るいはず」という問題として、オルバースのパラドックスと呼ばれています。本書では、さまざまな角度から「宇宙の明るさ」について探ることでその疑問を解き明かし、その過程において、宇宙に関する基礎的な知識も自然に学んでいきます。

1章 地球上から見た夜空の明るさ(夜空を見上げてみよう;光とは? ほか)
2章 宇宙から見た宇宙の明るさ(太陽系の惑星の動き;太陽系の大きさを測る ほか)
3章 赤外線で見た宇宙の明るさ(宇宙は宇宙塵に満ちている;温度と光の関係 ほか)
4章 X線で見た宇宙の明るさ(ブラックホールの正体;明るく輝くブラックホール ほか)
5章 夜空が暗い本当の理由(夜空はどこまで見えている?;星の寿命が足りない ほか)

[日販商品データベースより]

無限の空間に無限の恒星が一様に散らばっているとしたら、空は全体が太陽面のように明るいはず。本書では、様々な角度から「宇宙の明るさ」について探ることでその疑問を解き明かし、宇宙の姿をとらえていく。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

天文学者に素朴な疑問をぶつけたら宇宙科学の最先端までわかったはなし

天文学者に素朴な疑問をぶつけたら宇宙科学の最先端までわかったはなし

津村耕司 

価格:1,650円(本体1,500円+税)

【2018年08月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント