LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか

取材現場からの自己検証
集英社新書 0813B

集英社
危険地報道を考えるジャーナリストの会 

価格
821円(本体760円+税)
発行年月
2015年12月
判型
新書
ISBN
9784087208139

欲しいものリストに追加する

「イスラム国」事件以降、萎縮するメディアに危機感を募らせるジャーナリストたちが立場や媒体を超えて集結。海外取材最前線の体験を踏まえ、「誰かが“そこへ行かなければならない」と訴える。


内容情報
[BOOKデータベースより]

「イスラム国」による後藤健二氏、湯川遥菜氏の人質・殺害事件以降、「そんな危険な所へ行く必要があるのか」という世論に乗じて、政権は露骨な報道統制に踏み出し、メディアは萎縮してしまった。危機感に駆られたジャーナリストたちが、フリーランス、新聞社、通信社、テレビ局など立場や媒体を超えて本書に集結。海外取材の最前線に立ってきた体験を踏まえ、これまでの「事故」をシビアに自己検証し危険回避の具体的方策を提示するとともに、「それでも、誰かが“そこ”へ行かなければならない」と訴える。

第1章 後藤健二氏の人質・殺害事件がもたらした影響
第2章 ジャーナリストは「戦場」でどう行動したのか(紛争地を抱える中東の事実を見る「目」の役割;“イスラム国”取材、その一部始終;戦場の人々を見つめるまなざし;通信社の記者は、最後まで残って取材を続ける;テレビの「危険地取材」はどう変わったか;危険地取材をテレビに売り込む)
第3章 戦争報道を続けるために―過去の事例から学ぶべきこと
第4章 米国メディアの危険地報道―日本との相違
第5章 危険報道とジャーナリスト

[日販商品データベースより]

「イスラム国」事件以降、萎縮するメディアに危機感を募らせるジャーナリストたちが立場や媒体を超えて集結。海外取材最前線の体験を踏まえ、「誰かが“そこ”へ行かなければならない」と訴える。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

科学ジャーナリストの手法

科学ジャーナリストの手法

日本科学技術ジャーナリスト会議 

価格:2,160円(本体2,000円+税)

【2007年05月発売】

フォトジャーナリスト13人の眼

フォトジャーナリスト13人の眼

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会 

価格:756円(本体700円+税)

【2005年08月発売】

誤報じゃないのになぜ取り消したの?

誤報じゃないのになぜ取り消したの?

原発「吉田調書」報道を考える読者の会 

価格:1,080円(本体1,000円+税)

【2016年04月発売】

報道現場

報道現場

朝日新聞社ジャーナリスト学校  慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所 

価格:2,160円(本体2,000円+税)

【2010年07月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,296円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規定
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント
    W会員