特集「平和について考える」
課題図書

特集「平和について考える」

課題図書

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
ノーベル平和賞で世の中がわかる

マガジンハウス
池上彰 

価格
1,650円(本体1,500円+税)
発行年月
2012年10月
判型
B6
ISBN
9784838723645

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

毎年、秋になると、「今年のノーベル平和賞は誰だろう」と話題になります。誰もが「受賞して当然」と考える人物が選ばれることもあれば、多くの人が首を傾ける選考結果もあります。ただ、この111年の歴史を見ると、地上から戦争や紛争、貧困、疾病をなくそうと闘ってきた人々の努力が見えてきます。ノーベル平和賞の歴史は、20世紀から21世紀にかけての現代史そのものでもあるのです。

第1章 地域紛争と環境保護の時代に―2011〜1991(2011―エレン・サーリーフ(リベリア) レイマ・ボウィ(リベリア) タワックル・カルマン(イエメン);2010―劉暁波(中国) ほか)
第2章 中東危機が泥沼化し、冷戦は経結へ―1990〜1975(1990―ミハイル・セルゲイビッチ・ゴルバチョフ(ソ連);1989―ダライ・ラマ14世(チベット) ほか)
第3章 東西冷戦と核戦争の恐怖が忍び寄る―1974〜1946(1974―佐藤栄作(日本) ショーン・マクブライド(アイルランド);1973―ヘンリー・キッシンジャー(米国) レ・ドゥク・ト(ベトナム民主共和国(北ベトナム)) ほか)
第4章 ファシズムが台頭し、第二次大戦へ―1945〜1919(1945―コーデル・ハル(米国);1944―赤十字国際委員会(本部・スイス) ほか)
第5章 20世紀の幕開けから第一次大戦へ―1917〜1901(1917―赤十字国際委員会(本部・スイス);1913―アンリ・ラ・フォンテーヌ(ベルギー) ほか)

[日販商品データベースより]

ノーベル平和賞にはミステリアスな「?」がいっぱい。第1回受賞者の「赤十字の父」アンリ・デュナンから始まる111年の歴史を5つに区分し、現代から過去にさかのぼる形にまとめた本。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

知らないと恥をかく世界の大問題 13

知らないと恥をかく世界の大問題 13

池上彰 

価格:990円(本体900円+税)

【2022年06月発売】

20歳の自分に教えたい現代史のきほん

20歳の自分に教えたい現代史のきほん

池上彰  「池上彰のニュースそうだったのか!!」スタッフ 

価格:1,045円(本体950円+税)

【2022年05月発売】

歴史の予兆を読む

歴史の予兆を読む

池上彰  保阪正康 

価格:979円(本体890円+税)

【2022年06月発売】

池上彰の世界の見方 東欧・旧ソ連の国々

池上彰の世界の見方 東欧・旧ソ連の国々

池上彰 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【2022年04月発売】

なぜ世界を知るべきなのか

なぜ世界を知るべきなのか

池上彰 

価格:990円(本体900円+税)

【2021年07月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ギフトラッピング特集

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント