重要大雨による配送遅延について

重要 大雨による配送遅延について

LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
武士道シックスティーン

文春文庫 ほ15ー1

文藝春秋
誉田哲也 

価格
814円(本体740円+税)
発行年月
2010年02月
判型
文庫
ISBN
9784167780012

欲しいものリストに追加する

【3 SPECIAL BOOKSキュレーターのトクベツな3冊より】
3冊目は「笑える」作品。誉田哲也さんといえば、「姫川玲子」「ジウ」シリーズなど警察・推理小説などのサスペンス系のイメージですが、この本は作風が全く異なる、ほのぼのとしたスポーツ青春小説になります。性格の違うふたりの女子高生剣士が主人公で、登場人物のキャラ立ちの強烈さとユーモア溢れる掛け合いがとにかく面白い。2010年に映画化もされましたが、断然原作を読むのがおすすめ。「セブンティーン」「エイティーン」とシリーズを読み進めると、最後には「感動」が待っています。

相羽康行/編集長 軍師官兵衛ぴあ、鉄道ぴあ、自衛隊おでかけぴあ
3 SPECIAL BOOKS掲載日:2013/12/12
3 SPECIAL BOOKS
【情報提供・3 SPECIAL BOOKS】

内容情報
[BOOKデータベースより]

武蔵を心の師とする剣道エリートの香織は、中学最後の大会で、無名選手の早苗に負けてしまう。敗北の悔しさを片時も忘れられない香織と、勝利にこだわらず「お気楽不動心」の早苗。相反する二人が、同じ高校に進学し、剣道部で再会を果たすが…。青春を剣道にかける女子二人の傑作エンターテインメント。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

武士道ジェネレーション

武士道ジェネレーション

誉田哲也 

価格:814円(本体740円+税)

【2018年09月発売】

カラスのジョンソン

カラスのジョンソン

ドリアン助川 

価格:726円(本体660円+税)

【2018年06月発売】

武士道セブンティーン

武士道セブンティーン

誉田哲也 

価格:759円(本体690円+税)

【2011年02月発売】

武士道エイティーン

武士道エイティーン

誉田哲也 

価格:759円(本体690円+税)

【2012年02月発売】

疾風ガール

疾風ガール

誉田哲也 

価格:713円(本体648円+税)

【2009年04月発売】



ユーザーレビュー (11件、平均スコア:5)

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

HonyaClub.comアンケート

「夏の文庫2015」レビューコメント

武士道シリーズの初刊です。それまで負けたことがなかった少女と、なぜか勝ってしまった少女のライバル?友情?関係は影響しあっていると感じます。家庭で問題が起きても、部活に取り組んでいる間は忘れられる。逆に友人とうまくいかなくても、家族といると安心できる、そんな青春が描かれています。(せつこ/女性/20代)

HonyaClub.comアンケート

「夏の文庫100冊 2013」レビューコメント

まっすぐでさわやかな10代の女の子が悩みながらも活躍する姿が秀逸です。さして剣道に興味がなくともぐいぐい読み進んでしまいました。続編もあり、いろいろな出来事に一喜一憂しつつ成長してゆく主人公たちから目が離せません。(tasokemi/女性/40代)

HonyaClub.comアンケート

「夏の文庫100冊 2013」レビューコメント

青春!さわやかで夏にぴったりだと思います。(Luc/女性/40代)

HonyaClub.comアンケート

「夏の文庫100冊 2013」レビューコメント

剣道に青春をかける二人の女子を描いていて、暑い夏でも読みたくなってしまうしすごくストーリーの中に引き込まれてしまうから。(悠/女性/10代)

ほんらぶキャンペーン

「3 SPECIAL BOOKS」レビューコメント

【興奮の1冊】 二人の剣道少女を描いた青春系のシリーズ。はじめと終わりには、詩のような形式で言葉が書かれており、これがまたグッときます。かっこいいです。手に汗握る、まさに興奮の一冊です。

ほんらぶキャンペーン

「3 SPECIAL BOOKS」レビューコメント

【その他】 私は剣道未経験者ですが…面白いです!(^^)青春小説かと思いきや、人の道を考えさせられる一冊でもあります。おすすめです!

ほんらぶキャンペーン

「3 SPECIAL BOOKS」レビューコメント

この本は学校の図書室で見つけて、読みました。2人の性格のまったく違う女の子が同じスポーツで仲良くなる。最初はまったく仲良くありませんが(笑)小さな所でだんだんと冗談を言い合う仲になっていつしかライバルとして最高の友達として一緒に成長していくところが私は好きです。それに一つのスポーツにとことん打ち込む。私もクラブでテニスをしていますが、スポーツで熱くなりたいと思わされました。

HonyaClub.comアンケート

「スポーツに関連するオススメ本」レビューコメント

香織と早苗。この2人キャラクターがいい。剣道を知らなくても、面白く読めます。高校時代、部活をしていなかたことを、ちょっと後悔させるような小説です。(にせくじら/男性/40代)

HonyaClub.comアンケート

「スポーツに関連するオススメ本」レビューコメント

剣道がまったくわからない人でも楽しめる熱い青春がこの本で見れます。(圭一/男性/10代)

HonyaClub.comアンケート

「スポーツに関連するオススメ本」レビューコメント

私が最近読んだスポーツに関する本の中で、オススメと言えば誉田哲也さんの『武士道3部作』です。ちょっと前の作品で、映画やコミックにもなったのですが、これまで読む機会がなく、先日たまたま手にとって一気に3冊すべて読み終えました。『武士道3部作』とは、剣道部所属の女子高校生の活躍を描いたシリーズで、高校1年生の『武士道シックスティーン』、高校2年生の『武士道セブンティーン』、高校3年生の『武士道エイティーン』の3作からなります。剣道を「武士道」として追求するのか、あるいは「スポーツ」として追求するのか、そのせめぎ合いの中で育まれる友情、また宿命のライバルとの死闘、本当にわくわくしました。私は剣道といえば中学校の授業で少しやった程度だったのですが、この小説の臨場感に圧倒されてしましました。この小説を読んだ後、修行を続けている少林寺拳法の練習にますます気合が入ったのは言うまでもありません。誉田哲也さんといえば、最近では『ストロベリーナイト』がテレビドラマ化されて話題になっていましたが、それとは全く読み口の異なる小説なので、読んでいない方には是非読んで欲しい作品です。剣道も、私がやっている少林寺拳法も、はたまた空手も、オリンピックとは縁のない競技ですが、武道を代表して是非とも柔道では金メダルを数多く獲得して欲しいと思っています。テコンドーにも頑張って欲しいですね!『頑張れ日本!』

HonyaClub.comアンケート

「スポーツに関連するオススメ本」レビューコメント

剣道に対して正反対の思いで挑んできたふたりの女子高生の友情とともに、様々な出来事の経験を通して剣道も人間性も磨かれていく過程を描いた青春小説です。一見ただの学園コメディのようにみえますがなんのなんの、剣道を習ったことがあるひとが読んでもみても納得がいく丁寧な試合や稽古の描写で人気を呼びました。タイトルに恥じず「武士道」をこの主人公ふたりから感じることができます。さわやかな内容で映画化もされ、わたしも若い頃に剣道などの武道を習っておけばよかった、と思いました。この本は、この巻の後のエピソードとして「武士道セブンティーン」、さらに「武士道エイティーン」へとシリーズとして続いていますので、ぜひこちらも読んで頂きたいですね。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

バナー

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント