重要株式会社KADOKAWA発行の商品につきまして

重要HonyaClub.comアフィリエイトプログラム終了のご案内

上半期ベストセラー
課題図書

本屋大賞

メディア化情報

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
ふたりのはなし

おかあさんとみる性の本 

童心社
山本直英 和歌山静子 

価格
1,540円(本体1,400円+税)
発行年月
1992年10月
判型
B5
ISBN
9784494001538

欲しいものリストに追加する



性教育、というよりはもっともっと概念的?な感じがしますが、これはこれでよいと思います。我が家では5歳娘に読み、9歳娘は自分一人で読んでいました。なぜ、男女が一緒にいるのか?その答えのひとつ、として捉えられる一冊です。しかし、昨今のLGBTの考え方だとこの本は受け入れられないでしょうね。。(ままmamaママさん 30代・埼玉県 女の子9歳、女の子5歳、男の子3歳、女の子1歳)


【情報提供・絵本ナビ】

内容情報
[BOOKデータベースより]

むかし神様がつくった人間は、男と女が背中あわせでくっついていました。女の人と男の人が、どうして一緒に暮らすのかを夢とロマンをこめて語ります。

[日販商品データベースより]

むかし神様がはじめてつくった人間は、女と男が背中あわせでくっついた姿をしていて、アンドロギュノスと呼ばれていました。

4本の足でドタバタ走り回り、4本の手でいたずらし、二つの口でうるさくしゃべるアンドロギュノスを神様は注意しますが、ちっとも静かになりません。怒った神様は、アンドロギュノスを背中で切り離して、それぞれひとりぼっちの女と男に変えてしまいます。

女と男は、それぞれかつて自分と一緒だった人に会いたいと、相手をさがすようになりますが……。

古代ギリシャの哲学者プラトンが描いた『饗宴』を原典に、女の人と男の人がどうして一緒に暮らすようになったのか、どうしてお互いを大切に思うのか、愛とロマンをこめた寓話として描いた絵本。

同じシリーズの、出産・性交などの科学的な知識とともに、受け継いだ自分の命のかけがえのなさを描いた『ぼくのはなし』、プライベートゾーンや自分の体と心を守ることの大切さを描いた『わたしのはなし』もぜひあわせてお読み下さい。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

わたしのはなし

わたしのはなし

山本直英  和歌山静子 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【1992年10月発売】

ぼくのはなし

ぼくのはなし

和歌山静子 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【1992年10月発売】

おとなになるっていうこと

おとなになるっていうこと

遠見才希子  和歌山静子 

価格:1,650円(本体1,500円+税)

【2022年03月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りだくさん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント