STREET&BOOKS

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
触れることのモダニティ

ロレンス、スティーグリッツ、ベンヤミン、メルロ=ポンティ

以文社
高村峰生 

価格
3,520円(本体3,200円+税)
発行年月
2017年03月
判型
A5
ISBN
9784753103393

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

モダニズムにおける触覚表象を技術と身体の歴史的な境界面、つまり、われわれの環境認識を考察する。直接性の経験。

触覚とモダニズム
第1章 後期D.H.ロレンスにおける触覚の意義(接触=触覚と身体の真実;古代エトルリア文明と触覚的感性;「ローマ式敬礼」と触覚の政治;セザンヌの古代性、あるいは「りんごのリンゴ性」)
第2章 スティーグリッツ・サークルにおける機械、接触、生命(スティーグリッツ・サークルの芸術家たちとD・H・ロレンス;マックス・ウェーバーと「触覚的親密さ」;写真の「機械性」と手という芸術の領域;アメリカ、機械、写真;スティーグリッツの写真における「女性的なもの」と「原始的なもの」)
第3章 ヴァルター・ベンヤミンにおける触覚の批評的射程(ベンヤミンにおける二つの触覚;「近さの魔法」とエロス;触覚的なものと“原史”;模倣と「手」というトポス;翻訳の触覚)
第4章 触覚的な時間と空間―モーリス・メルロ=ポンティのキアスム(接触、可逆性、否定性;奥行、垂直性、原初性―セザンヌと接触;時間・記憶・忘却の触覚性)
結論

[日販商品データベースより]

ロレンス、スティーグリッツ、ベンヤミン、メルロ=ポンティについての詳細な言説分析にもとづいて、モダニズムにおける触覚表象を技術と身体の歴史的な境界面、つまり、われわれの環境認識を考察する。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

美術の経済

美術の経済

小川敦生 

価格:1,848円(本体1,680円+税)

【2020年10月発売】

いちばんやさしいアジャイル開発の教本

いちばんやさしいアジャイル開発の教本

市谷聡啓  新井剛  小田中育生 

価格:1,760円(本体1,600円+税)

【2020年05月発売】

世界一わかりやすい英語の発音の授業 カラー改訂版

世界一わかりやすい英語の発音の授業 カラー改訂版

関正生 

価格:1,650円(本体1,500円+税)

【2018年11月発売】

東大式癒しの森のつくり方

東大式癒しの森のつくり方

東京大学富士癒しの森研究所  浅野友子  齋藤暖生 

価格:2,200円(本体2,000円+税)

【2020年10月発売】

これからのビジネスマンに絶対必要な教養テクノロジー見るだけノート

これからのビジネスマンに絶対必要な教養テクノロジー見るだけノート

山形浩生  安田洋祐 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【2019年06月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

STREET&BOOKS

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント