重要緊急システムメンテナンスのご案内

重要HonyaClub.comアフィリエイトプログラム終了のご案内

本屋大賞
メディア化情報

本屋大賞

メディア化情報

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
諍いだらけの室町時代

戦国へ至る権力者たちの興亡

柏書房
渡邊大門 

価格
2,200円(本体2,000円+税)
発行年月
2022年07月
判型
四六判
ISBN
9784760154647

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

昨日の敵は今日の友!?足利将軍家・鎌倉公方家の抗争、守護家の家督争奪戦、台頭する守護代による下克上…複雑怪奇な紛争の数々で読み解く室町!

第1部 将軍家・鎌倉公方の内訌(足利義政と足利義視の後継争い―歴史の転換点としての権力分裂劇;古河公方と関東管領の権力闘争―関東支配における二元構造;上杉四家の関東支配をめぐる争乱―戦国への幕開けを導いた関東の紛争)
第2部 守護家の勢力争いと、その明暗(斯波義敏と斯波義廉の内訌―守護代の台頭に翻弄された名門の没落;畠山義就と畠山政長の抗争―政局を左右した両畠山家の家督問題;富樫氏の加賀支配をめぐる紛争―斯波氏・赤松氏を巻き込んでの暗闘 ほか)
第3部 下克上のはじまり、台頭する守護代(多賀高忠と浦上則宗の台頭―主家を凌ぐ実力を持つ守護代の出現;朝倉孝景に見る戦国大名の兆し―「応仁・文明の乱」の帰趨を決した行動;尼子経久の勢力拡大と権力簒奪―幕府を巧みに利用した「下克上」 ほか)

[日販商品データベースより]

「享徳の乱」「応仁・文明の乱」など戦国時代の扉を開いたとされる大乱をはじめ、室町時代には、将軍家・鎌倉公方家・関東管領家の抗争や、守護家内部での家督争い、「下克上」の象徴ともいえる守護代層による権力掌握など、数々の紛争がいたるところで勃発していた。
絶対的権力の不在による混沌を背景にした衝突と和睦の連続は、室町という時代を、実に複雑怪奇に彩ると同時に、ダイナミズムに溢れたものとしているのである。
本書は、この混乱に満ちた時代の中で、権力者たちがいかに繁栄、あるいは没落していったか、そしてのちの戦国の世がどう形成されていくことになったのかを、豊富な概念図や系図をまじえて解説する一冊。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

天下人の攻城戦

天下人の攻城戦

渡邊大門 

価格:1,045円(本体950円+税)

【2023年08月発売】

戦乱と政変の室町時代

戦乱と政変の室町時代

渡邊大門 

価格:2,200円(本体2,000円+税)

【2021年04月発売】

誤解だらけの「関ヶ原合戦」

誤解だらけの「関ヶ原合戦」

渡邊大門 

価格:880円(本体800円+税)

【2023年04月発売】

山陰・山陽の戦国史

山陰・山陽の戦国史

渡邊大門 

価格:4,180円(本体3,800円+税)

【2019年05月発売】

戦国大名は経歴詐称する

戦国大名は経歴詐称する

渡邊大門 

価格:2,420円(本体2,200円+税)

【2024年01月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りだくさん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント