重要緊急システムメンテナンスのご案内

重要HonyaClub.comアフィリエイトプログラム終了のご案内

本屋大賞
メディア化情報

本屋大賞

メディア化情報

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
フェイクとの闘い

暗号学者が見た大戦からコロナ禍まで

コトニ社 トランスビュー 八木書店
辻井重男 

価格
2,750円(本体2,500円+税)
発行年月
2021年09月
判型
四六判
ISBN
9784910108063

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

大本営発表と戦中知識人の認識への疑問。情報セキュリティを巡る理念と現実の相克。現代暗号学の第一人者による緊急提言!暗号だけではソサエティ5.0は守れない。管理(management)、倫理(ethics)、法律(law)、技術(technology)を高度に均衡させた学際的かつ総合的視点から、理念による現実の最適化をさぐる。

プロローグ―理念と現実
加藤尚武編 辻井重男語録―情報哲学入門
第1章 太平洋戦争をはさんで―暗号学者の小さな履歴書1(国際連盟脱退の年に生まれる;観客席から眺めるかのような戦争 ほか)
第2章 戦時中の文化人・作家たちの現実認識を問う(戦中・戦後に親しんだ文化人たち;世界的哲学者たちの現実認識とは?―京都学派について ほか)
第3章 サイバーセキュリティをめぐる活動―暗号学者の小さな履歴書2(「情報セキュリティ大学院大学」学長として―サイバーセキュリティ総合科学へ;「中央大学研究開発機構」教授として ほか)
第4章 情報社会のセキュリティと倫理の課題(情報セキュリティ文化の共有;デジタル化・ネットワーク化による社会構造・機能の変化 ほか)
第5章 サイバーセキュリティの未来(コロナ禍という現実で、社会理念は変わるのか;数理の世界 ほか)
資料篇

[日販商品データベースより]

暗号だけではソサエティ5.0は守れない



大本営発表と戦中知識人の認識への疑問。

情報セキュリティを巡る理念と現実の相克。

現代暗号学の第一人者による緊急提言!



サイバーセキュリティ、本人確認、ブロック・チェーン、暗号資産……。

軍事・外交の道具は、サイバー空間の基盤技術となった。

現代暗号の進化過程を駆け抜けた第一人者が、管理(management)、倫理(ethics)、法律(law)、技術(technology)を高度に均衡させた学際的かつ総合的視点から、理念による現実の最適化をさぐる。



【目次】



  プロローグ――理念と現実

  [加藤尚武編]辻井重男語録



第1章

太平洋戦争をはさんで

 ――暗号学者の小さな履歴書T



第2章

戦時中の文化人の現実認識



  対話篇1 天国からの恩師のご下問に応えて

   ――楕円曲線暗号から情報セキュリティ総合科学まで



第3章

サイバーセキュリティをめぐる活動

 ――暗号学者の小さな履歴書U



第4章

情報社会のセキュリティと倫理の課題



  対話篇2 天国からの恩師のご下問に応えて

   ――デジタル社会基盤としての暗号について



第5章

サイバーセキュリティの未来



資料篇



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りだくさん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント