オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
中国人民解放軍

「習近平軍事改革」の実像と限界
PHP新書 1155

PHP研究所
茅原郁生 

価格
1,078円(本体980円+税)
発行年月
2018年09月
判型
新書
ISBN
9784569841311

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

2049年までに「世界の最前列に立つ強大国建設」をめざす中国は、猛烈な勢いで軍拡を進めている。習近平が権力掌握後、反腐敗闘争で軍の実力者を粛清し、一気に軍事改革を進めた結果、海軍、空軍、宇宙軍、核戦力の増強から情報戦の強化まで、人民解放軍の姿は大きく変貌している。しかし元来、解放軍は「国軍」というより中国共産党の「党軍」としての性格を持ち、特殊な経緯を辿り発展してきた。その歩みを知らずに、実像を知ることは困難である。本書は、歴史から最新の習近平軍事改革の実像までを詳報し、解放軍の脅威と弱点をすべて描き出す決定版。

なぜ今、中国は軍事力強化を進めるのか―覇権国家への野望と罠
人民解放軍の誕生―建軍の経緯と特殊事情
対外戦争と治安維持―朝鮮戦争、中印戦争、中ソ紛争、中越戦争、文革
〓小平らの国防近代化への挑戦―習近平以前の軍事改革とその成果
新たな改革の方向性を示す布石―習近平による軍事戦略の刷新
「新安全保障観」と「権力集中」―習軍事改革の下準備
反腐敗闘争の深謀遠慮―軍内反発を抑える強行突破策
一気に断行された「三段階の組織改編」―外科手術的な軍事改革
「経済新常態」下の国防費と三〇万人兵力削減―近代化への軛
新時代のソフト戦力―統合運用力と情報戦・「三戦」の謀略工作
海軍力強化と海洋進出―一帯一路戦略と空母四隻体制への意思
空軍の航天軍化と宇宙の戦力化―急ピッチの拡大で高まる脅威
覇権追求のための核戦略強化―「最小即抑止」から「威圧」へ
「力を信奉する国家」の脅威と限界―わが国の対応

[日販商品データベースより]

ついに国防費が1兆元(約13兆円)を超えた中国。世界覇権さえ視野に入れる人民解放軍の歴史、そして軍事改革の現状と限界を緻密に分析。



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント