特集「平和について考える」
課題図書

特集「平和について考える」

課題図書

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
ぐるぐるの図書室

講談社・文学の扉 

講談社
工藤純子 廣嶋玲子 濱野京子 菅野雪虫 まはら三桃 

価格
1,540円(本体1,400円+税)
発行年月
2016年10月
判型
B6
ISBN
9784062832410

欲しいものリストに追加する

舞台は、十々年(ととね)小学校の図書室。
なにかの原因で、もやもやっとした気持ちを抱えている小学5年生たちが、彼らにだけ見える貼り紙に誘われて図書室に入ってみると、不思議な司書から、不思議な本と出会うきっかけを渡され、それぞれのラビリンスに迷い込んでしまう――。

児童文学のトップランナー5人が、ひとつのテーマ、「図書室」に挑んだ競作リレー小説、ここに完成!

「時のラビリンス」  工藤純子
「妖怪食堂は大繁盛」  廣嶋玲子
「秘境ループ」  濱野京子
「九月はサルの夢をみた」  菅野雪虫
「やり残しは本の中で」  まはら三桃

巻末には、児童文学作家となって2016年で10周年を迎える5人が、どのような本を読み、なぜ作家の道を志したのか、それぞれの「これまで」を振り返るとともに、「児童文学」というフィールドで作品を発表しつづける情熱を熱く熱く語り合った、スペシャル座談会を掲載します。



【あらすじ】
5人の小学生の物語。それぞれ、図書室の前にあった奇妙な茜色の張り紙をみて、図書室に行く。司書の先生らしき女の人に、本を探して欲しいと頼まれ、それぞれが不思議な世界に紛れ込んでいく…
第一線で活躍する児童文学作家、5人がおくる短編集。

【感想】
どれも非常に面白く、読んでいてついつい電車を乗り過ごしてしまいました。
現代っ子の、小学生の雰囲気がよく出ていて、それぞれの個性が際立ち、別個の物語を楽しんでいるようでいて、どこかでつながっている。小学校のころ、隣のクラスにいる、名前くらいしかしらない子が、図書室で同じ本を借りていた時の驚きを思い出しました。そうそう、そういう感じ。

どの話も、だれの心にもありそうな闇の部分に紛れ込んでいくような恐ろしさがあり、どんどん変な方向にいってしまいそうになるのだけども、最終的にはこの世に戻ってこられます。それは、読書と同じです。どんなに変な本を読んで、その世界に溺れてしまっても、かならず本を閉じたら現実の世界に戻ってこられる。
読書と図書室と、物語の世界の恐ろしさも面白さもあますところなく知り尽くしている名人たちが、腕を振るってこしたえてくれた素晴らしい作品ばかり。贅沢な一冊です。

キーとなる「図書室のストレートヘアーの女の人」の描きかた、物語の雰囲気、登場人物たちの感情表現など、その作家独自の工夫や個性が光る一方、一冊の本としてきちんとまとまっている世界観、共通認識があり、まさに名人芸。
やはり、時代の先端を走り続けている人たちは素晴らしい。大人が読んでも十分に楽しめる一冊です。年齢問わず、おススメします。(渡辺諦さん 30代・東京都 )


【情報提供・絵本ナビ】


内容情報
[BOOKデータベースより]

本が好きでたまらない子も、読書なんて興味ゼロという子も、茜色の貼り紙を見たのなら、放課後、図書室にいらっしゃい。あなたのいまにピッタリな一冊と、めぐりあわせてあげましょう―。豪華絢爛!児童文学のフロントランナーたちが描く“五人五様”のリレー小説。小学上級から。

[日販商品データベースより]

舞台は十々年小学校の図書室。もやもやっとした気持ちの小学5年生たちが、貼り紙に誘われて図書室に入ってみると、不思議な司書から、不思議な本と出会うきっかけを渡され、それぞれのラビリンスに迷い込んでしまう――。児童文学界のトップランナー5人(工藤純子、廣嶋玲子、濱野京子、菅野雪虫、まはら三桃)が、ひとつのテーマ「図書室」をめぐって競作したリレー小説が完成。巻末には、5人によるスペシャル座談会を掲載!


舞台は、十々年(ととね)小学校の図書室。
なにかの原因で、もやもやっとした気持ちを抱えている小学5年生たちが、彼らにだけ見える貼り紙に誘われて図書室に入ってみると、不思議な司書から、不思議な本と出会うきっかけを渡され、それぞれのラビリンスに迷い込んでしまう――。

児童文学のトップランナー5人が、ひとつのテーマ、「図書室」に挑んだ競作リレー小説、ここに完成!

「時のラビリンス」  工藤純子
「妖怪食堂は大繁盛」  廣嶋玲子
「秘境ループ」  濱野京子
「九月のサルは夢をみた」  菅野雪虫
「やり残しは本の中で」  まはら三桃

巻末には、児童文学作家となって2016年で10周年を迎える5人が、どのような本を読み、なぜ作家の道を志したのか、それぞれの「これまで」を振り返るとともに、「児童文学」というフィールドで作品を発表しつづける情熱を熱く熱く語り合った、スペシャル座談会を掲載します。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

クマが出た!助けてベアドッグ

クマが出た!助けてベアドッグ

太田京子 

価格:1,430円(本体1,300円+税)

【2021年09月発売】

マスクと黒板

マスクと黒板

濱野京子 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【2022年04月発売】

野原できみとピクニック

野原できみとピクニック

濱野京子 

価格:1,650円(本体1,500円+税)

【2021年04月発売】

アギーの祈り

アギーの祈り

濱野京子 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【2010年11月発売】

この川のむこうに君がいる

この川のむこうに君がいる

濱野京子 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【2018年11月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ギフトラッピング特集

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント