重要システムメンテナンスのご案内

重要株式会社KADOKAWA発行の商品につきまして

芥川賞・直木賞
課題図書

芥川賞・直木賞

課題図書

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
慟哭の谷

北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件
文春文庫 き40ー1

文藝春秋
木村盛武 

価格
737円(本体670円+税)
発行年月
2015年04月
判型
文庫
ISBN
9784167905347

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

1915年12月、北海道三毛別の開拓地に突如現れた巨大なヒグマは、次々と村人を牙にかけていく―獣害史上最悪となる8名の死者を出した「三毛別事件」の真相とは?生存者の貴重な証言をもとに元林務官の著者が執念で綴った戦慄のノンフィクション!著者自身のヒグマ遭遇体験なども収録した特別編集版。

第1部 慟哭の苫前三毛別事件(惨劇の幕明け;通夜の亡霊;大討伐隊;魔獣の最期;史上最悪の惨劇を検証する)
第2部 ヒグマとの遭遇(北千島の人食いヒグマ事件と私;ヒグマとの対峙;ヒグマが人を襲うとき)

[日販商品データベースより]

1915年12月、北海道苫前村の開拓地に突如現れた巨大なヒグマは、一軒の民家に押し入り、阿部マユと預かり子の幹雄を惨殺。村人たちは恐怖に震えながらも、ヒグマ退治に乗り出すが、冬眠しそこねて穴持たず≠ニなり凶暴化したヒグマは、悪魔のような知恵を働かせて、村人たちを次々と牙にかけていくーー。
死者8名という世界的にみてもヒグマによる食害事件としては類をみない最悪の惨劇となった「三毛別(さんけべつ)事件」の全貌を、生存者たちへの貴重な証言をもとに描き出す戦慄のノンフィクション。文庫化にあたり、著者の『ヒグマそこが知りたい 理解と予防のための10章』より、著者自身のヒグマとの遭遇事件、さらに福岡大学ワンゲル部の日高山系におけるヒグマ襲撃事件、写真家・星野道夫氏の事件など別のヒグマによる食害事件を検証した二章を特別収録!

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

アマテラスの暗号 上

アマテラスの暗号 上

伊勢谷武 

価格:840円(本体764円+税)

【2024年03月発売】

アマテラスの暗号 下

アマテラスの暗号 下

伊勢谷武 

価格:840円(本体764円+税)

【2024年03月発売】

アナログ

アナログ

ビートたけし 

価格:770円(本体700円+税)

【2023年06月発売】

首

北野武 

価格:792円(本体720円+税)

【2023年10月発売】

百首でよむ「源氏物語」

百首でよむ「源氏物語」

木村朗子 

価格:1,100円(本体1,000円+税)

【2023年12月発売】



ユーザーレビュー (1件、平均スコア:3)

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

北区の太

日本最強の動物

羆の恐ろしさを実感させてくれるノンフィクション。羆被害を扱った本に、吉村昭の羆嵐、増田俊也のシャトゥーン等があるが、それらの下敷きになった一冊。丹念な取材により明らかになる戦慄の事実。開拓時代の北海道、羆の生態に興味がある人にはお薦め。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りだくさん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント