重要 システムメンテナンスのお知らせ 重要 お盆期間の配送についてのご案内

特集「平和について考える」
課題図書

重要システムメンテナンスのお知らせ

重要お盆期間の配送についてのご案内

特集「平和について考える」

課題図書

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
ジョン・ロールズ

社会正義の探究者
中公新書 2674

中央公論新社
齋藤純一(政治学) 田中将人 

価格
924円(本体840円+税)
発行年月
2021年12月
判型
新書
ISBN
9784121026743

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

米国の政治哲学者ジョン・ロールズ(1921〜2002)。1971年刊行の『正義論』において、独創的な概念を用いて構築した「公正な社会」の構想は、リベラリズムの理論的支柱となった。「平等な自由」を重視する思想はいかに形成されたか。太平洋戦線における従軍体験、広島への原爆投下の記憶がロールズに与えた影響とは。最新資料から81年の生涯を捉え直し、思想の全体像を解読。その課題や今日的意義にも迫る。

第1章 信仰・戦争・学問―思想の形成期
第2章 『正義論』は何を説いたか―現代政治哲学の基本思想
第3章 「リベラルな社会」の正統性を求めて―『政治的リベラリズム』の構想
第4章 国際社会における正義―『万民の法』で模索した現実主義
第5章 晩年の仕事―宗教的探究と「戦争の記憶」
終章 『正義論』から五〇年―「ロールズの理想」のゆくえ

[日販商品データベースより]

『正義論』で知られるジョン・ロールズ(一九二一〜二〇〇二)。「無知のヴェール」「重なり合うコンセンサス」などの独創的な概念を用いて、リベラル・デモクラシーの正統性を探究した。本書はロールズの生涯をたどりつつ、その思想の要点を紹介する。彼が思想とした社会とはどのようなものだったのか。また、批判にどのように応答し、後世にどのような影響を与えたか。戦争体験や信仰の影響、日本との意外な関係などの歴史的背景もふまえ、「政治哲学の巨人」の全貌を明らかにする。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

13歳からの地政学

13歳からの地政学

田中孝幸 

価格:1,650円(本体1,500円+税)

【2022年03月発売】

できるWord & Excel 2021

できるWord & Excel 2021

田中亘  羽毛田睦土  できるシリーズ編集部 

価格:2,156円(本体1,960円+税)

【2022年05月発売】

60分でわかる!改正個人情報保護法超入門

60分でわかる!改正個人情報保護法超入門

田中浩之  蔦大輔  平岡優 

価格:1,320円(本体1,200円+税)

【2022年04月発売】

日本国史 上

日本国史 上

田中英道 

価格:990円(本体900円+税)

【2022年03月発売】

遊廓と日本人

遊廓と日本人

田中優子(江戸文化研究家) 

価格:880円(本体800円+税)

【2021年10月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント