重要お取り扱い商材の変更について

本屋大賞
メディア化情報

本屋大賞

メディア化情報

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
正岡子規伝

わが心世にしのこらば

岩波書店
復本一郎 

価格
4,070円(本体3,700円+税)
発行年月
2021年12月
判型
四六判
ISBN
9784000248334

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

俳句という新興の文芸ジャンルを世に広めた正岡子規は、短歌革新運動に取り組んだ竹ノ里人という歌人であり、獺祭書屋主人の名で多大な業績を残した俳諧研究家でもあった。多方面にわたり足跡を残したその生涯を、子規周辺の人物たちの動向をも含めて、総合的に叙述する。俳文学研究の第一人者による決定版ともいうべき評伝。

序 杜鵑啼血―「子規」の由来
第1章 伊予の儒者大原観山の孫―「世の人は四国猿とぞ笑ふなる」
第2章 上京と俳句への起点―「ねころんで書よむ人や春の草」
第3章 畏友漱石との交流―「余は始めて一益友を得たり」
第4章 陸羯南と「日本新聞」―獺祭書屋主人の誕生
第5章 ジャーナリスト子規と「小日本」―「日本新聞社員タリ」
第6章 従軍後の子規と、虚子の献身―「行く秋の腰骨いたむ旅寝かな」
第7章 蕪村への傾倒―「蕪引く頃となりけり春星忌」
第8章 歌人子規と伊藤左千夫―竹の里人の短歌革新
第9章 『墨汁一滴』と『仰臥漫録』―「全く書かざるには勝りなん」
第10章 最期の年と『病牀六尺』―「俳句はたまにやり候。歌はもう出来なくなつた」
跋 律の死―「さむらひの娘」として

[日販商品データベースより]

俳句という新興の文芸ジャンルを世に広めた正岡子規は、短歌革新運動に取り組んだ竹ノ里人という歌人であり、獺祭書屋主人の名で多大な業績を残した俳諧研究家でもあった。多方面にわたり足跡を残したその生涯を、子規周辺の人物たちの動向をも含めて、総合的に叙述する。俳文学研究の第一人者による決定版ともいうべき評伝。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

正岡子規人生のことば

正岡子規人生のことば

復本一郎 

価格:902円(本体820円+税)

【2017年04月発売】

井月句集

井月句集

井上井月  復本一郎 

価格:1,276円(本体1,160円+税)

【2012年10月発売】

川柳みだれ髪

川柳みだれ髪

林ふじを  復本一郎 

価格:1,485円(本体1,350円+税)

【2014年12月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りだくさん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント