オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
ロボットをソーシャル化する

「人新世の人文学」10の論点

学芸みらい社 地方・小出版流通センター
松浦和也 

価格
2,530円(本体2,300円+税)
発行年月
2021年01月
判型
A5
ISBN
9784909783639

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

ロボットやAIをめぐる期待論と脅威論。この「断絶」をどう乗り越えてゆくか?現状の技術水準の正確な理解をふまえ、思想史・社会科学・教育学など多角的な視点から、「人新世」におけるロボット=AIと人間のスリリングな共生のビジョンを具体的に提言する「人新世の人文学」の挑戦!

第1章 汝自身とAIを知れ―AIにはなにができないか
第2章 制約されたデザイン―子ども、発達、ロボット
第3章 恐怖の在処―人工知能はなぜ恐れられるのか―近代社会原理への脅威という観点から
第4章 脱過労社会へ―知能社会における労働と所有
第5章 哲学の忘却―人工知能における心・意識・所有
第6章 共存?―われわれは奴隷を作るのか
第7章 自律機械と日本思想―仏教と武士道における所有について
第8章 責任概念の変貌―自律機械の責任概念への経済分析を用いたアプローチ
第9章 法体制への問い―自然言語処理を組み込んだ自律機械に関する所有と応報性
第10章 教育の変革―初等中等教育と人工知能―学校教育における扱いの検討

[日販商品データベースより]

1950年代にはじまった第一次人工知能ブーム、1960年代からの第二次人工知能ブームに続く第三次人工知能ブームを経た現在、ロボットやAIをめぐる期待論と脅威論は噛み合うこともなければ、歩み寄ることすらもない。この断絶を挟んだ両立場の溝を埋めるために、人文学にできることは何か?

・ロボットのデザインに求められる「弱さ」

・AIが惹起する恐怖

・労働、所有、責任概念の変貌

・AI論が忘却する哲学的思考

・AI論で問われる法の陥穽

・AIの導入が目指す「未来の教室」etc.

現状の技術の正確な理解をふまえ、思想史、社会科学、教育学など多角的な視点から、人新世におけるロボット=AIと人間のスリリングな共生──この10年の社会ビジョン──を具体的に提言する人文学の挑戦。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

三島由紀夫と「楯の会」

三島由紀夫と「楯の会」

松浦芳子  松浦博 

価格:1,540円(本体1,400円+税)

【2020年11月発売】

ヨーロッパの死

ヨーロッパの死

福田和也 

価格:3,080円(本体2,800円+税)

【2018年01月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ギフトラッピング特集

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント