オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
菌根の世界

菌と植物のきってもきれない関係

築地書館
齋藤雅典 

価格
2,640円(本体2,400円+税)
発行年月
2020年09月
判型
四六判
ISBN
9784806716068

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

緑の地球を支えているのは菌根だった。陸上植物の8割以上が菌類と共生関係を築き、菌根菌が養水分を根に渡し、植物からは糖類を受けとっている。植物は菌根菌なしでは生きられない。内生菌根・外生菌根・ラン菌根など、それぞれの菌根の特徴、観察手法、最新の研究成果、菌根菌の農林業、荒廃地の植生回復への利用をまじえ、日本を代表する菌根研究者7名が多様な菌根の世界を総合的に解説する。

序章 地球の緑を支える菌根共生―菌と根の奇跡の出会い
第1章 土の中の小さな宝石―アーバスキュラー菌根菌
第2章 外生菌根の生態とマツタケ
第3章 外生菌根菌を通して海岸林の再生を考える
第4章 菌によりそうランの姿を追いかけて
第5章 菌根共生の原点―コケ植物とシダ植物の菌根共生
第6章 菌類を食べる植物―菌従属栄養植物の菌根共生

[日販商品データベースより]

緑の地球を支えているのは菌根*だった。
陸上植物の8割以上が菌類と共生関係を築き、
菌根菌が養水分を根に渡し、植物からは糖類を受けとっている。
植物は菌根菌なしでは生きられない。
*---菌類と植物の根の共生現象のこと

内生菌根・外生菌根・ラン菌根など、
それぞれの菌根の特徴、観察手法、最新の研究成果、
菌根菌の農林業、荒廃地の植生回復への利用をまじえ、
日本を代表する菌根研究者7名が
多様な菌根の世界を総合的に解説する。

菌を食べてしまう植物
光合成をやめた植物と菌根菌
枯れ木を渡り歩くタカツルラン
森林土壌から放出されるCO2の鍵をにぎる外生菌根菌
成木と実生の根の間の菌糸ネットワークが実生の成長を左右する
などなど、知られざる土の中の不思議な世界へようこそ

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

神経をめぐる生物学

神経をめぐる生物学

斎藤徹(獣医学)  文彰鍾  田中実(医学) 

価格:1,760円(本体1,600円+税)

【2020年07月発売】

植物色素フラボノイド

植物色素フラボノイド

武田幸作  齋藤規夫  岩科司 

価格:13,200円(本体12,000円+税)

【2013年06月発売】

植物はなぜ薬を作るのか

植物はなぜ薬を作るのか

斉藤和季 

価格:968円(本体880円+税)

【2017年02月発売】

落葉広葉樹図譜 フィールド版

落葉広葉樹図譜 フィールド版

斎藤新一郎 

価格:4,180円(本体3,800円+税)

【2009年02月発売】

森と花粉のはなし

森と花粉のはなし

齋藤秀樹 

価格:1,223円(本体1,112円+税)

【2016年06月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント