税込 2,000円以上お買い上げ&エントリーで応募!総勢1,228名様にプレゼントが当たる!

重要 お盆期間の配送についてのご案内

「書店祭」総勢1,228名様に当たる!プレゼントキャンペーン

↑↑お買い上げ&エントリーでプレゼントが当たる↑↑

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
柄谷行人浅田彰全対話

講談社文芸文庫 かB17

講談社
柄谷行人 浅田彰 

価格
1,980円(本体1,800円+税)
発行年月
2019年10月
判型
文庫
ISBN
9784065175279

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

最初の対話「オリエンタリズムとアジア」において、西洋のオリエンタリズムと同様のかたちで、日本側から朝鮮半島を見ているのだという、重要な指摘がいち早くなされる。一九八五年から九八年までになされた六つの対話では、思想、歴史、政治、経済、共同体、表現などの諸問題を国際的に通用する水準で議論することが目指されていた。混迷の限りに至る今こそ、かくも強靱な知性が求められる。知性の果たすべき役割を体現する二人。

オリエンタリズムとアジア
昭和の終焉に
冷戦の終焉に
「ホンネ」の共同体を超えて
歴史の終焉の終焉
再びマルクスの可能性の中心を問う

[日販商品データベースより]

1985年になされた最初の対談「オリエンタリズムとアジア」で、柄谷行人は「政治と離れた言説などはありえないということを、もう一度強調すべき時期にきて」いると言う。本書では、思想や芸術など多様な話題を次々繰り出しつつ、かならず世界そして日本はいかにあるべきかという問いかけに戻っていく。二人の知識人は縦横無尽に語り合うことを通して、読む者に思考と発言を続けることの重要性を訴えているのである。日本を代表する知識人二人が、自在に語りあった諸問題ーー解決にはほど遠くさらなる混迷に突き進む世界の現在を予見した、奇跡の対話集。

目次
オリエンタリズムとアジア
昭和の終焉に
冷戦の終焉に
「ホンネ」の共同体を超えて
歴史の終焉の終焉
再びマルクスの可能性の中心を問う
 あとがき 浅田彰と私(柄谷行人)

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

すべての人生について

すべての人生について

浅田次郎 

価格:660円(本体600円+税)

【2011年04月発売】

私の太宰治論

私の太宰治論

浅田高明 

価格:3,850円(本体3,500円+税)

【2019年01月発売】

ドストエフスキーと秋山駿と

ドストエフスキーと秋山駿と

秋山駿  井出彰 

価格:1,100円(本体1,000円+税)

【2011年10月発売】

高山樗牛

高山樗牛

先崎彰容 

価格:2,420円(本体2,200円+税)

【2010年08月発売】

アフター・モダニティ

アフター・モダニティ

先崎彰容  浜崎洋介 

価格:2,420円(本体2,200円+税)

【2014年10月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント