重要大雪や荒天に伴う配送遅延について

重要 大雪や荒天に伴う配送遅延について

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
耳鼻削ぎの日本史

文春学藝ライブラリー 歴史 34 

文藝春秋
清水克行 

価格
1,540円(本体1,400円+税)
発行年月
2019年04月
判型
文庫
ISBN
9784168130809

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

なぜ「耳なし芳一」は耳を失ったのか。なぜ豊臣秀吉は朝鮮出兵で鼻削ぎを命じたのか。史料博捜と耳塚・鼻塚の現地踏査の結果、日本史上最も有名な猟奇的習俗に隠された意外な真実が明かされる!耳鼻削ぎ図版と「爪と指」に関する論考を増補。身体部位から、日本社会の豊穣なシンボリズムを拓いた画期的論考。

はじめに 耳塚・鼻塚の伝説を訪ねて
第1章 「ミミヲキリ、ハナヲソギ」は残酷か?
第2章 「耳なし芳一」は、なぜ耳を失ったのか?
第3章 戦場の耳鼻削ぎの真実
第4章 「未開」の国から、「文明」の国へ
第5章 耳塚・鼻塚の謎
終章 世界史のなかの耳鼻削ぎ
補論 中世社会のシンボリズム―爪と指

[日販商品データベースより]

〈「ミミヲキリ、ハナヲソギ……」から読み解く異色の日本文明史論〉



なぜ、「耳なし芳一」は耳を失ったのか。

なぜ、豊臣秀吉は朝鮮出兵で鼻削ぎを命じたのか――。



これでもかというほどの史料博捜と、「なんか気持ち悪くないですか?」と好奇心丸出しの耳塚、鼻塚現地踏査。その結果、日本史上最も有名な猟奇的風俗≠ノ隠された意外な真実が明らかになる!



文庫化にあたり、新たに「爪と指」に関する論考と、耳鼻削ぎを描いた図版を大幅増補。

身体部位から広がる、日本社会の豊穣なシンボリズムを拓いた画期的論考。



高野秀行氏、絶賛!

本書は「まさか」の徹頭徹尾、耳鼻削ぎの話だった。誰がどのような経緯でどういうふうに耳を切られたり、鼻を削がれたかという具体的事例が満載で、手加減ゼロである。本当にどういう神経をしているんだろうと思う。しかし、作家・清水克行史上、最も文章技術や構成に気を配った、秀逸な読み物となっており、最初から最後まで読者を――私のようなグロが苦手な読者も――捕まえて離さない。 (「解説」より)

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

世界の辺境とハードボイルド室町時代

世界の辺境とハードボイルド室町時代

高野秀行  清水克行 

価格:924円(本体840円+税)

【2019年05月発売】

喧嘩両成敗の誕生

喧嘩両成敗の誕生

清水克行 

価格:1,815円(本体1,650円+税)

【2006年02月発売】

戦国大名と分国法

戦国大名と分国法

清水克行 

価格:902円(本体820円+税)

【2018年07月発売】

室町幕府将軍列伝

室町幕府将軍列伝

榎原雅治  清水克行 

価格:3,520円(本体3,200円+税)

【2017年10月発売】

中世の荘園空間と現代

中世の荘園空間と現代

海老澤衷  酒井紀美  清水克行 

価格:2,200円(本体2,000円+税)

【2014年12月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ギフトラッピング特集

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント