重要サイトポイント交換サービス終了のご案内

LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
知中論

理不尽な国の7つの論理
星海社新書 54

星海社 講談社
安田峰俊 

価格
924円(本体840円+税)
発行年月
2014年09月
判型
新書
ISBN
9784061385580

欲しいものリストに追加する

いまや日本にとって顕在的脅威となった大国・中国。その論理を、歴史に基づいて読み解くことで、偏狭な嫌中論を乗り越える。

内容情報
[BOOKデータベースより]

尖閣諸島への露骨な野心、反日デモにおける破壊行為、言論統制や少数民族の弾圧―。日本人の目から見た中国は、理不尽で横暴、人権も民主主義も認めない「悪い国」にほかならない。しかし、中国を論じる視点を彼らが「バカ」で「悪」であることだけに求め、感情的な反中・嫌中に走るのは得策だろうか?中国には中国なりのそうならざるを得なかった事情もあるのではないか?本書ではそんな視点から、日中間に横たわる諸問題の背景にある文脈を丁寧に解きほぐす。

第1章 中国はなぜ『覇権主義』になったのか?
第2章 尖閣諸島は誰のものか?
第3章 反日デモは今後も起きるのか
第4章 習近平は何者なのか
第5章 靖国参拝はなぜ非難されるのか
第6章 少数民族問題はなぜ激化しているのか
第7章 日本人はなぜ中国に腹が立つのか

[日販商品データベースより]

内在論理を知れば中国は怖くない──反中・嫌中の先へ
尖閣諸島への露骨な野心、反日デモにおける破壊行為、言論統制や少数民族の弾圧─。日本人の目から見た中国は、理不尽で横暴、人権も民主主義も認めない「悪い国」にほかなりません。しかし、中国を論じる視点を彼らが「バカ」で「悪」であることだけに求め、感情的な反中・嫌中に走るのは得策でしょうか? 中国には中国なりのそうならざるを得なかった事情もあるのではないか?本書ではそんな視点から、日中間に横たわる諸問題の背景にある文脈を丁寧に解きほぐしていきます。日本にとって中国は、二〇〇〇年近い交流と対峙の歴史を持つ隣国です。いま最も必要なのは、蔑視も理想論も捨ててリアルな中国と向き合う態度なのです。
中国人漫画・孫向文による漫画『中国のヤバくない日常』を併録!

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

性と欲望の中国

性と欲望の中国

安田峰俊 

価格:935円(本体850円+税)

【2019年05月発売】

さいはての中国

さいはての中国

安田峰俊 

価格:902円(本体820円+税)

【2018年10月発売】

もっとさいはての中国

もっとさいはての中国

安田峰俊 

価格:924円(本体840円+税)

【2019年10月発売】

君とまた、あの場所へ

君とまた、あの場所へ

安田菜津紀 

価格:1,760円(本体1,600円+税)

【2016年04月発売】

中国人の本音

中国人の本音

安田峰俊 

価格:1,320円(本体1,200円+税)

【2010年04月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規定
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント
    W会員