オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
日本人は中国をどう語ってきたか

青土社
子安宣邦 

価格
2,420円(本体2,200円+税)
発行年月
2012年12月
判型
B6
ISBN
9784791766765

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

北一輝、内藤湖南から橘樸、尾崎秀実、竹内好、溝口雄三まで、明治末から戦争の時代をへて現代にいたる代表的な中国論を精緻に検証。アジア主義、東亜協同体論、毛沢東主義、文化大革命、改革開放などさまざまな時代状況と論点を掘り下げ、きたるべき対話と理解のための試金石とする思想史的読解。

北一輝は辛亥革命をどのように見たか―北一輝『支那革命外史』を読む その1
国民的自衛の本能的発奮なり―北一輝『支那革命外史』を読む その2
誰が「支那人に代って支那の為めに考える」のか―内藤湖南『支那論』を読む その1
湖南は何を予測し、予測しなかったか―内藤湖南『支那論』を読む その2
橘樸を読むとは何か―橘樸『支那社会研究』を読む その1
中国は社会革命の波間に漂うている―橘樸『支那社会研究』を読む その2
橘樸における“満州”とは何か―橘樸「満州事変と私の方向転換」を読む
“事変”転換への戦闘的知性の証言―尾崎秀実「東亜協同体」論を読む
昭和“事変=戦争”期における「東洋的社会」の構成―森谷克己「東洋的社会の理論」を読む
中国における“村落共同体”の読み出し―平野義太郎『大アジア主義の歴史的基礎』を読む
日中戦争と文学という証言―石川達三『いきてゐる兵隊』/火野葦平『麦と兵隊』を読む
憧憬すべくして憧憬された中国革命―竹内好『現代中国論』を読む
文学的な、余りに文学的な“毛沢東”―竹内好「評伝毛沢東」を読む
“文革”を終えないという錯誤の言説―加々美光行『逆説としての中国革命』を読む
現代中国の歴史的な弁証論―溝口雄三『方法としての中国』『中国の衝撃』を読む

[日販商品データベースより]

明治末から戦争の時代をへて現代にいたる代表的な中国論を精緻に検証。アジア主義、毛沢東主義、文化大革命、改革開放など様々な時代状況と論点を掘り下げ、きたるべき対話と理解のための試金石とする思想史的読解。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

「維新」的近代の幻想

「維新」的近代の幻想

子安宣邦 

価格:2,970円(本体2,700円+税)

【2020年09月発売】

「大正」を読み直す

「大正」を読み直す

子安宣邦 

価格:3,300円(本体3,000円+税)

【2016年05月発売】

昭和とは何であったか

昭和とは何であったか

子安宣邦 

価格:3,520円(本体3,200円+税)

【2008年07月発売】

戦う広告

戦う広告

若林宣 

価格:2,860円(本体2,600円+税)

【2008年08月発売】

帝国日本の交通網

帝国日本の交通網

若林宣 

価格:2,200円(本体2,000円+税)

【2016年01月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント