LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
怪物はささやく

A monster calls.

あすなろ書房
パトリック・ネス シヴォーン・ダウド 池田真紀子 

価格
1,728円(本体1,600円+税)
発行年月
2011年11月
判型
A5
ISBN
9784751522226

欲しいものリストに追加する



2012年の中学生夏休み推薦図書の1冊なので、今はよく書店や図書館で見かけます。
ボランティア仲間の息子さんが、すっごく真剣に読んでいた。と聞いて、早速うちの子にも用意してみました。

中1と高2の二人とも読んでくれたのですが、下の子の方は読み終えてから号泣。
「コナーが可哀そうだ〜。この本に出てくる大人たち(特に先生だそうです)は、なんでわかってあげなかったんだ〜」と怒り……、
「怪物はなんだったんだろう」「なんで12時7分にしか来なかったんだろう?」と、聞いてきました。
その答えをうっかり言ってしまったら、また号泣。
年の近い“コナー”を見ていて、身近な「親の死」というものをすごく間近に感じて、怖くなってしまったようでした。
この本を読んだその夜は、久しぶりに寝付くまで子どもの手を握ってあげました。
高2の上の子は「怪物の正体が気になって、一気に読んじゃたよ〜」といってました。

さて、この物語には二人の作者がいるそうです。
「原案(キャラクター・舞台・導入)」まで創作していたのにもかかわらず、はかなくも急逝したシヴォーン・ダウトさんの遺作を基に、
パトリックス・ネスさんが1つの作品に仕上げられたそうです。

物語の中で、「怪物」は主人公コナーに何を伝えようとしているのか、なぜ、「怪物」がコナーの前に現われたのか、
最後の最後まで引っ張って行かれます。

うちの下の子みたいに、感受性が強かったり、こわがりのお子さんには少し辛いお話かもしれませんが、
私は主人公コナーと、同世代の子どもたちにぜひ読んでもらいたいな〜と、思いました。
「身近な人の死」に関わらず、
成長して、大人になるにつれて、世の中の矛盾や憤り……、
その他、生きていく上で関わってくる呪縛のような“想いや関係性”と正面切って向き合って、対決(またはその壁を乗り越えるような試練)しなくてはいけない時が、いつかは必ずきます。

この物語の中で、主人公コナーは「怪物」に出会うことで、(すぐには無理でも)前に進む原動力を見つけました。
だから、これを読んだ人たちももし何かあった時、そのことを乗り越えていくきっかけを見つけることができるような気がしました。

好き嫌いは出る作品かもしれませんが、とても心に残るメッセージ性の強い作品です。
それほど長いお話ではないので、興味のある方はぜひ一度読んでみてください。
大人の方にもお薦めです。(てんぐざるさん 40代・埼玉県久喜市 女の子17歳、女の子12歳)


【情報提供・絵本ナビ】


2012年の中学生夏休み推薦図書の1冊なので、今はよく書店や図書館で見かけます。
ボランティア仲間の息子さんが、すっごく真剣に読んでいた。と聞いて、早速うちの子にも用意してみました。

中1と高2の二人とも読んでくれたのですが、下の子の方は読み終えてから号泣。
「コナーが可哀そうだ〜。この本に出てくる大人たち(特に先生だそうです)は、なんでわかってあげなかったんだ〜」と怒り……、
「怪物はなんだったんだろう」「なんで12時7分にしか来なかったんだろう?」と、聞いてきました。
その答えをうっかり言ってしまったら、また号泣。
年の近い“コナー”を見ていて、身近な「親の死」というものをすごく間近に感じて、怖くなってしまったようでした。
この本を読んだその夜は、久しぶりに寝付くまで子どもの手を握ってあげました。
高2の上の子は「怪物の正体が気になって、一気に読んじゃたよ〜」といってました。

さて、この物語には二人の作者がいるそうです。
「原案(キャラクター・舞台・導入)」まで創作していたのにもかかわらず、はかなくも急逝したシヴォーン・ダウトさんの遺作を基に、
パトリックス・ネスさんが1つの作品に仕上げられたそうです。

物語の中で、「怪物」は主人公コナーに何を伝えようとしているのか、なぜ、「怪物」がコナーの前に現われたのか、
最後の最後まで引っ張って行かれます。

うちの下の子みたいに、感受性が強かったり、こわがりのお子さんには少し辛いお話かもしれませんが、
私は主人公コナーと、同世代の子どもたちにぜひ読んでもらいたいな〜と、思いました。
「身近な人の死」に関わらず、
成長して、大人になるにつれて、世の中の矛盾や憤り……、
その他、生きていく上で関わってくる呪縛のような“想いや関係性”と正面切って向き合って、対決(またはその壁を乗り越えるような試練)しなくてはいけない時が、いつかは必ずきます。

この物語の中で、主人公コナーは「怪物」に出会うことで、(すぐには無理でも)前に進む原動力を見つけました。
だから、これを読んだ人たちももし何かあった時、そのことを乗り越えていくきっかけを見つけることができるような気がしました。

好き嫌いは出る作品かもしれませんが、とても心に残るメッセージ性の強い作品です。
それほど長いお話ではないので、興味のある方はぜひ一度読んでみてください。
大人の方にもお薦めです。(てんぐざるさん 40代・埼玉県久喜市 女の子17歳、女の子12歳)


【情報提供・絵本ナビ】

内容情報
[BOOKデータベースより]

ある夜、怪物が少年とその母親の住む家に現われた―それはイチイの木の姿をしていた。「わたしが三つの物語を語り終えたら、今度はおまえが四つめの物語をわたしに話すのだ。おまえはかならず話す…そのためにこのわたしを呼んだのだから」嘘と真実を同時に信じた少年は、なぜ怪物に物語を話さなければならなかったのか…。

[日販商品データベースより]

13歳の少年コナーは“それ”を受け入れ、飼い慣らし、乗り越えていくことができるのか…。作家の命はがんによって奪われたが、その作品は新たな作家に引き継がれた。嘘と真実、そして喪失と浄化の物語。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

妖界ナビ・ルナ 6

妖界ナビ・ルナ 6

池田美代子  戸部淑 

価格:702円(本体650円+税)

【2018年05月発売】

13歳は怖い

13歳は怖い

池田美代子  にかいどう青  みうらかれん 

価格:670円(本体620円+税)

【2018年03月発売】

13歳は怖い

13歳は怖い

池田美代子  辻みゆき  伊藤クミコ 

価格:670円(本体620円+税)

【2017年07月発売】

ゆめ☆かわここあのコスメボックス

ゆめ☆かわここあのコスメボックス

伊集院くれあ  池田春香 

価格:702円(本体650円+税)

【2017年08月発売】

猫のダヤン 1

猫のダヤン 1

池田あきこ 

価格:734円(本体680円+税)

【2018年04月発売】



ユーザーレビュー (1件、平均スコア:5)

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

HonyaClub.comアンケート

「感動した本・映画・音楽」レビューコメント

主人公の心の底に閉じ込められた闇と同じようなものを、私も持っています。なので、すごく共感できて、泣けました。(ハーツ/女性/10代)

レビューを書く

  • 直筆サインプレゼント!
スタッフの「オススメ!」
  • スタッフの「今これをオススメしたい!」

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,296円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規定
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント
    W会員