オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
公共の役割は何か

岩波書店
奥野信宏 

価格
2,090円(本体1,900円+税)
発行年月
2006年08月
判型
B6
ISBN
9784000228657

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

「大きな政府」への反省にたって、中央・地方に累積する巨額な財政赤字を直視し、なお「公共部門」がなすべき事は何か。1990年代以降に崩壊した「安定感のある社会」を再構築するためには何が必要なのか。中央と地方の役割分担、公共交通のあり方、住民参加による街づくり、大学と地域の共生…具体的な事例を材料に経済学の視点から考える。

序章 安定感ある社会への欲求
第1章 市場・政府・人の満足
第2章 市場と政府はどう失敗するか
第3章 社会資本の公共性
第4章 街・地域づくりの公共性
第5章 公としての大学
終章 公器としての経済学

[日販商品データベースより]

「大きな政府」への反省にたち、中央・地方に累積する巨額な財政赤字を直視し、「公共部門」がなすべき事は何かを考える。90年代以降に崩壊した「安定感のある社会」を再構築するための方策を経済学の視点で提示。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

マンガ人類学講義

マンガ人類学講義

奥野克巳  MOSA 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2020年10月発売】

モノも石も死者も生きている世界の民から人類学者が教わったこと

モノも石も死者も生きている世界の民から人類学者が教わったこと

奥野克巳 

価格:1,870円(本体1,700円+税)

【2020年10月発売】

人類学とは何か

人類学とは何か

ティム・インゴルド  奥野克巳  宮崎幸子 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2020年03月発売】

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと

奥野克巳 

価格:1,980円(本体1,800円+税)

【2018年06月発売】

新しい公共を担う人びと

新しい公共を担う人びと

奥野信宏  栗田卓也 

価格:2,640円(本体2,400円+税)

【2010年08月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント