オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:出版社よりお取り寄せ(通常3日〜20日で出荷)
探偵小説と〈狂気〉

国書刊行会
鈴木優作 

価格
3,850円(本体3,500円+税)
発行年月
2021年02月
判型
A5
ISBN
9784336071934

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

近代は何を狂わせたか―“異”なるものの復権。探偵小説がいかに“狂気”を描いたかを読み解き、近代という時代に潜む文化と制度の裡面、そして文学によってなされた企みを明らかにする。

第1部 心身における“狂気”(狂信という心理―小栗虫太郎「後光殺人事件」;“狂気”を孕む身体―夢野久作「ドグラ・マグラ」)
第2部 “狂気”を内包する場(精神病院法のもたらす探偵/犯人像の構築―大阪圭吉「三狂人」;戦後社会への批判としての“狂気”―大下宇陀児・水谷準・島田一男「狂人館」)
第3部 法制度と“狂気”(精神鑑定という罠―平林初之輔「予審調書」;自白の追求という“狂気”―小酒井不木「三つの痣」;夢遊病と犯罪をめぐって―浜尾四郎「夢の殺人」)
第4部 “狂気”表象の歴史性(“狂気”の物語の発掘―岡本綺堂「影を踏まれた女」;精神医学に復讐する狂女―夢野久作「笑ふ〓女」;佯狂表象の物語―岡本綺堂「川越次郎兵衛」)
第5部 仕掛けとしての“狂気”(ミスリードと“狂人”―江戸川乱歩「緑衣の鬼」;探偵行為としての精神分析―木々高太郎「わが女学生時代の扉」)

[日販商品データベースより]

近代は何を狂わせたか――
江戸川乱歩・小栗虫太郎・夢野久作ほか、探偵小説がいかに〈狂気〉を描いたかを読み解き、近代という時代に潜む文化と制度の裡面、そして文学によってなされた大胆な企みを明らかにする文学論。

装幀 コバヤシタケシ

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

ブルーアウト

ブルーアウト

鈴木光司 

価格:869円(本体790円+税)

【2019年06月発売】

何がなんでもミステリー作家になりたい!

何がなんでもミステリー作家になりたい!

鈴木輝一郎 

価格:1,815円(本体1,650円+税)

【2019年01月発売】

離合海峡

離合海峡

鈴木創 

価格:660円(本体600円+税)

【2018年12月発売】

光射す海

光射す海

鈴木光司 

価格:649円(本体590円+税)

【2010年10月発売】

鋼鉄の叫び

鋼鉄の叫び

鈴木光司 

価格:1,012円(本体920円+税)

【2013年07月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

新しい一歩を踏み出すあなたへ。

ギフトラッピング特集

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント