オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
傍らにいた人

日経BPM(日本経済新聞出版本部)
堀江敏幸 

価格
2,200円(本体2,000円+税)
発行年月
2018年11月
判型
B6
ISBN
9784532176471

欲しいものリストに追加する

ちょっと読んでみる

内容情報
[BOOKデータベースより]

小説の楽しみのひとつは、全体の流れや構造とは関係のない細部につまずくことにある。

傍点のある風景―國木田独歩「忘れえぬ人々」
ふたつの黒い影―安岡章太郎「夕陽の河岸」
洗面器に入れて運ぶ―井伏鱒二「鯉」
ハトロン紙の謝罪文―井伏鱒二「スガレ追ひ」
乾いた言葉の粒で―マルセル・ムルージ『涙』『エンリコ』
心に礫を浴びた傷として―瀧井孝作「父」(上)
顔がとれさうなほどの哀しみ―瀧井孝作「父」(下)
悲しみを運んで歩く―佐多稲子「水」
遅くなったわけを話すために船に乗る―内田百〓「見送り」
自身の気配を消した人―正宗白鳥「リー兄さん」〔ほか〕

[日販商品データベースより]

■堀江敏幸氏による、読書をめぐるエッセイ集。
■日経新聞土曜朝刊の連載随想が、待望の単行本化!
堀江敏幸さんがなれ親しんできた書物の頁の風景の中で、なにかの拍子によみがえってくる人の姿。「たいていはだれもが知っている人物の傍らの、淡い接触をしただけの存在で、顔の輪郭がはっきりしていないことさえあるのだが、思い出したらそのまま忘れて終わりというわけではなく、何年か経つと、べつの角度で刺激された記憶の片隅から、また不意にあらわれたりする。」「私は実際に、思い出されてはじめて、なるほどその折の景色のなかに目立たない見えない傍点が打たれていたのだと気づかされるような影たちと、何度も遭遇してきた。」――文芸作品の楽しみ、それは細部につまづくこと。「読む」ことをめぐる52篇。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

余りの風

余りの風

堀江敏幸 

価格:2,860円(本体2,600円+税)

【2012年12月発売】

ホリエモン×ひろゆきやっぱりヘンだよね

ホリエモン×ひろゆきやっぱりヘンだよね

堀江貴文  西村博之 

価格:1,320円(本体1,200円+税)

【2016年10月発売】

東大から刑務所へ

東大から刑務所へ

堀江貴文  井川意高 

価格:902円(本体820円+税)

【2017年09月発売】

石川啄木

石川啄木

堀江信男 

価格:3,740円(本体3,400円+税)

【1999年03月発売】

寺山修司の一九六〇年代

寺山修司の一九六〇年代

堀江秀史 

価格:7,480円(本体6,800円+税)

【2020年03月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

ディスカヴァー 家族みんなを応援するフェア

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント