LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
日本のお金の歴史 江戸時代

ビジュアル

ゆまに書房
岩橋勝 

価格
2,700円(本体2,500円+税)
発行年月
2015年10月
判型
B5
ISBN
9784843347959

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

ようやくつくられた日本独自のお金
「三貨制度」とは何か?
世界的な金銀銅の資源国だった日本
三貨改鋳のホンネ
近代貨幣のめばえ1―紙幣使用の広がり
近代貨幣のめばえ2―円誕生の道
近代移行期のお金とは

[日販商品データベースより]

私たちが毎日何気なく使用しているお金は、日本ではいつごろ生まれ、どのように使われていたのでしょうか。今から1400年ぐらい前にお金は使われていました。それから現代の「円」にいたるまでの間に、様々なお金が現れたり、消えたりと大変複雑な歴史をたどってきました。本書では、古代から現代にいたるお金の歴史を通して人々の暮らしや経済の仕組みを豊富な写真や図版とともに、解説していきます。
●江戸時代 「戦国時代までにおもに流通したお金は銭貨でしたが、江戸時代に入ると金貨、銀貨、銅貨の3種がともに使われるようになります。金貨は4進法で、1両が4歩(分)、1歩が4朱で、4倍で上の位になる数え方をしました。しかし銀貨は受け取りのたびごとにはかりを用意して、その重さを確認して使用していました。」 ・お金が不可欠な時代がやってきた ・「金銀銅」の3つのお金がつくられた理由 ・いつもはかりが必要な、面倒なお金とは? ・世界の3分の1を掘り出した日本の銀 ・初めての改鋳のねらい  ・お金は良質なほどよいのか? ・やむにやまれぬ金銀悪鋳  ・自然に使われ始めた紙のお金 ・庶民には便利でも迷惑な藩札 ・銀でつくられた「金貨」  ・しだいに消えていった銀貨 ・一夜で金貨の価値が3倍に ・明治政府の未熟な紙幣、太政官札  ・円が誕生した! ほか

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

日本史探偵コナン 2

日本史探偵コナン 2

青山剛昌  太田勝  八神健 

価格:1,058円(本体980円+税)

【2017年12月発売】

名探偵コナン推理ファイル人類の謎

名探偵コナン推理ファイル人類の謎

青山剛昌  太田勝  窪田一裕 

価格:1,026円(本体950円+税)

【2010年06月発売】

先生教えて!社会のギモン

先生教えて!社会のギモン

千葉昇  小倉勝登  三大寺敏雄 

価格:1,296円(本体1,200円+税)

【2014年03月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,296円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規定
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント
    W会員