LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:品切れのため入荷お知らせにご登録下さい
夏目漱石とクラシック音楽

毎日新聞出版
瀧井敬子 

価格
2,700円(本体2,500円+税)
発行年月
2018年03月
判型
B6
ISBN
9784620324982

入荷お知らせ希望に登録

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

国民的文豪はなぜ西洋音楽を愛したのか?音楽学の第一人者が描く、全く新しい漱石像!

第1章 英国における洋楽への好奇心の芽牲え
第2章 寺田寅彦とケーベルの出会い
第3章 千駄木時代の漱石と寅彦のコンサート体験
第4章 『朝日新聞』入社後の明治四十一年
第5章 漱石家のピアノ購入
第6章 『東京朝日新聞』「芸文欄」の音楽批評
第7章 ケーベル先生との音楽談義
第8章 音楽が趣味となった漱石の生活
第9章 大正二年から大正四年の頃
第10章 中島六郎への最後の手紙

[日販商品データベースより]

文豪はなぜ西洋音楽に魅了されたのか?

夏目漱石は大のクラシックファンだった?! 従来のイメージを覆す画期的な漱石論の誕生!

「趣味は人間に大切なものである。楽器を壊すものは社会から音楽を奪う点において罪人である」(『野分』より)

ロンドン留学中に西洋音楽と出会った夏目漱石は、盟友寺田寅彦の手ほどきもあって、以後大のクラシックファンとなる。お洒落をしてコンサートに行くのがなによりの楽しみで、娘に当時としては高額のピアノを買い与え、中島六郎という専属教師をつけ、彼の音楽評を森田草平にまとめさせ、新聞の文芸欄に掲載させていた。 日本最初のバイオリニスト幸田延や、日本に初めてオーケストラを作ったアウグスト・ユンケル等、当時の一流音楽人たちの公演も観ていた。

音楽への傾倒は作品にも大きな影響を与えている。『三四郎』における美禰子の造形を筆頭に、有名な『野分』の音楽会の場面、随筆『ケーベル先生』など漱石文学の名作は、クラシックを抜きにして語れないものだった。文明社会に芸術は欠かせないと考えていた漱石にとって、クラシックとは『草枕』で語られる理想の境地「非人情」を具現化するものだった。
音楽学の第一人者による画期的な漱石論が登場!

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

夏目漱石周辺人物事典

夏目漱石周辺人物事典

原武哲  石田忠彦  海老井英次 

価格:5,940円(本体5,500円+税)

【2014年07月発売】

田中澄江が歩いた北海道の山

田中澄江が歩いた北海道の山

滝本幸夫 

価格:1,512円(本体1,400円+税)

【2013年06月発売】

タキモトの世界

タキモトの世界

久住昌之  滝本淳助 

価格:2,700円(本体2,500円+税)

【2013年03月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

  • 直筆サインプレゼント!
スタッフの「オススメ!」
  • スタッフの「今これをオススメしたい!」

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,296円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規定
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント
    W会員