LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

エディターの注目本

今月の作品

ゆびきり
ゆびきり
早乙女勝元 いわさきちひろ
購入はこちら

オススメ商品

平和のための名言集
平和のための名言集
今、この国で風化しつつある「あの日」の平和への想い。武器でなく言葉を持とう。日本人が決して忘れてはいけない、365の珠玉の言葉たちがここにある。平和を願うすべての人へ贈る珠玉の1冊。
購入はこちら

ハロランの東京大空襲
ハロランの東京大空襲
元米軍のB29乗りで、捕虜として東京大空襲を体験し、戦災資料センターにカンパしたハロラン氏。加害、被害をこえて平和の交流はできるのか。戦争の根深さと平和への希望を伝える記録文学。
購入はこちら

2013年 4月号
『ゆびきり』
黒柳徹子さんもビックリ!
新日本出版社 社長兼編集長 田所稔

この新刊を女優の黒柳徹子さんにご覧いただいた時、開口一番おっしゃったのは、「こんな絵があったのね。初めて見ました。ビックリ!」という驚きの声。

いわさきちひろさんについて造詣の深い黒柳さんでさえ、気づかないほど埋もれていたさし絵でした。それもそのはず。美術館にもなく、現存するのは55枚のうち3枚のみ。それを今回、復元して刊行したのです。

この作品は、1950年代後半に書かれ、理論社から61年に出版されたものでしたが(今は絶版)、そのような事情になっているのに気づいたのは小生でした。昨年11月、別の仕事でちひろ美術館を訪ね、資料を読んでいると、作者の早乙女勝元さんのインタビューを発見。そこには、作者自らがちひろさんにさし絵を頼んだことが書かれていたのです。「え!」と、小生もビックリして状況を調べ始め、今回の出版に至りました。

作者の早乙女さんは、東京大空襲をテーマに『わが街角』(新潮社)など多数を上梓してこられた方。さし絵を描いたちひろさんも、黒柳さん著『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)の装画・さし絵で広く知られています。

このお二人に共通していることは、東京大空襲を経験されていること。その痛切な体験をもとに早乙女さんはこの作品を書かれましたが、空襲のお話は最後の章「火の夜」のみ。全体の八割は下町での子ども達の元気で明るいお話です。

それだけに、戦争というものの残酷さと、戦争が奪ってしまうものが、楽しく温かな下町の世界、人々のささやかな喜怒哀楽であることを、この作品から知ることになるでしょう。

「国防軍」などと声高に叫ぶ人が現れ、平和を脅かすものがヒタヒタと迫りつつある今、ちひろさんが初めて東京大空襲を描き、さし絵に配したこの本が新たに世に出ることは、タイムリーだと思います。平和は平和の時にしか、守れない≠フですから。

(日販発行:月刊「新刊展望」2013年4月号より)

今月の作品

ゆびきり
ゆびきり
早乙女勝元 いわさきちひろ
ただの一度しか交わさなかった“ゆびきり”…。ちひろの美しい挿絵が、下町のちいさな路地うらに、導いてくれる。少年たちの楽しくもあり、切ない物語。戦争は何を奪ってしまうのか。ふたりの共作が、今語りかける。
購入はこちら

新刊展望のご案内

新刊展望 4月号
新刊展望 4月号
【今月の主な内容】
[まえがき あとがき] 吉田篤弘 偶然と連鎖
[ロングインタビュー] 安部龍太郎 人と作品 聞き手:縄田一男
購入はこちら

オススメ商品

ちひろ春の画集
ちひろ春の画集
息吹あふれる春、新緑の風と光、愛らしい動物や子どもたち…。季節の移り変わりを静かに見つめ、感じ、描いた、ちひろの情感あふれる春の世界。ここに新しいちひろの絵との出会いがある。
購入はこちら

ちひろいのちの画集
ちひろいのちの画集
ちひろ自身が愛し、生涯描き続けた子どもの「いのち」をテーマにまとめた画集。子どものかわいらしさやいのちの大切さを絵は語る。日野原重明氏によるエッセイも掲載。ちひろ生誕90周年記念出版。
購入はこちら

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実