重要 常時SSL化(https化)に伴うサービス一時停止のご案内

おかげさまで6周年!大感謝祭開催中!!

重要 常時SSL化(https化)に伴うサービス一時停止のご案内

LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
デザイナー・ベビー

ゲノム編集によって迫られる選択

丸善出版
ポール・ノフラー 中山潤一 

価格
3,024円(本体2,800円+税)
発行年月
2017年08月
判型
B6
ISBN
9784621301937

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

本書では遺伝子組換え研究の幕開けから、クローン動物の作製、体外受精の成功など今に至るまでの技術の進歩とそこでなされてきた議論に加えて、優生学、映画や小説のような社会・文化的な側面からもデザイナー・ベビーについて考察しており、迫りくる未来を考えるために必読の一冊である。

第1章 神のまねごとに対する序論
第2章 GMOの誕生と爆発的普及
第3章 ヒトのクローニング
第4章 母なる自然に手を加える:最初のGMOサピエンス
第5章 遺伝学で優れた赤ちゃんをつくる
第6章 GMOサピエンスをつくるためのDIYガイド
第7章 優生学と超人間主義
第8章 ヒトの遺伝子組換えに対する文化的見方
第9章 GMOサピエンスの現在と未来

[日販商品データベースより]

◆遺伝子組換え生物研究の初期から、当時の思索等を探りつつ、遺伝子組換えに関するトピックを収載。 ◆ヒトの遺伝子組換えについて、実際にアメリカで起こりつつある差別や、SF映画などを例に、技術的、社会的、倫理的側面から幅広く解説。 ◆遺伝子組換え人間(GMOサピエンス)と関わりのあるクローン人間の誕生がどれほど現実に近づいているのかが、俗説とともに掲載されている。◆巻末には誰でも本書の内容がわかるように、用語解説も付いている。◆CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)という最新の技術を紹介し、ヒトの遺伝子組換えをどのように行い、実際にどのようなことができるのかを紹介している

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

ジャンクDNA

ジャンクDNA

ネッサ・キャリー  中山潤一 

価格:3,024円(本体2,800円+税)

【2016年04月発売】

エピジェネティクス革命

エピジェネティクス革命

ネッサ・キャリー  中山潤一 

価格:3,024円(本体2,800円+税)

【2015年07月発売】

バイオ研究者が生き抜くための十二の智慧

バイオ研究者が生き抜くための十二の智慧

中山敬一 

価格:2,592円(本体2,400円+税)

【2013年09月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

  • 6周年大感謝祭
  • 「蜜蜂と遠雷」レビューコンクール 「蜜蜂と遠雷」のレビューを書いて、豪華賞品を手に入れよう!

芥川賞・直木賞

「えほんぎふと」 絵本専門士が自信を持っておすすめする、えほんぎふと。大切な、お子さん・お孫さんに絵本を贈りませんか?送料無料でお届けいたします。

スタッフの「オススメ!」
  • スタッフの「今これをオススメしたい!」

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら1,500円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
W会員
最近チェックした商品
一覧 サイト総合ランキング
ジャンル別ランキング
話題のベストセラー
Honya Clubカード
  • Honya Club とは
    Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
    Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
    HonyaClub会員規約
    個人情報の取扱いに関する規定
    ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

  • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント