オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:予約受付中です 2021年05月12日発売予定
〈方法〉としての思想史

法蔵館文庫 

法蔵館
安丸良夫 谷川穣

価格
1,430円(本体1,300円+税)
発行年月
2021年05月12日
判型
A6/
ISBN
9784831826220

欲しいものリストに追加する

ちょっと読んでみる

内容情報
[日販商品データベースより]

いまこそ、歴史学にもっと論争を!

「民衆思想史」研究によって学界に大きな足跡を残した安丸良夫は、それまでの歴史学界や当時の日本社会といかに対峙し、そこからいかなる思想史を構想しようとしていたのか。

自身の研究や経験を回顧・省察した方法論的論考を中心に収め、その思想的格闘の軌跡を示す。

歴史学の有用性が問われつつある現代に、あらためて読まれるべき名著が待望の文庫化。解説=谷川 穣

※本書は1996年5月に校倉書房より刊行された書籍の文庫版です。

【目 次】
はしがき
第T部 方法への模索
 一 日本マルクス主義と歴史学
 二 方法規定としての思想史
 三 『明治精神史』の構想力
 四 「民衆思想史」の立場
 五 思想史研究の立場―方法論的検討をかねて―
 六 前近代の民衆像
 七 民衆史の課題について―井上幸治『近代史像の模索』・林英夫『絶望的近代の民衆像』を読む―
 八 史料に問われて
 九 文化の戦場としての民俗

第U部 状況への発言
 十 日本史研究にもっと論争を!
 十一 歴史研究と現代日本との対話―「働きすぎ」社会を手がかりに―
 十二 日本の近代化についての帝国主義的歴史観
 十三 反動イデオロギーの現段階―歴史観を中心に―
 十四 近世思想史研究と教科書裁判―原告側補佐人として出廷して―

解説 『〈方法〉としての思想史』を読む、それぞれの意味
(谷川 穣)

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

この世の果てでもどうかよろしく

この世の果てでもどうかよろしく

谷川藍  榊空也 

価格:759円(本体690円+税)

【2021年06月10日発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら

新しい一歩を踏み出すあなたへ。

ギフトラッピング特集

ちょっと贅沢なおうち時間

最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規程
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント