重要サイトポイント交換サービス終了のご案内

LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
社会運動 No.435(2019・7)

季刊
医薬品の裏側 クスリの飲み方を考える 

市民セクター政策機構 ほんの木

価格
1,100円(本体1,000円+税)
発行年月
2019年07月
判型
A5
ISBN
9784775201190

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

1 医薬品問題の構造(FOR READERS 薬の裏側を私たちは何も知らない;新薬販売のために設定した製薬会社の巧妙な仕組み;薬にはやめどきがある;TPPは、薬剤にどんな影響を与えるのか;「正常病」から、逃れるために)
2 クスリの飲み方を変えてみる(「よく効く薬」とは何か;「治療より快復」を支援する草の根の活動―精神科の多剤大量処方を被害者の立場から考える;発達障がいといわれる子どもへの投薬について考える;高齢者と薬のつきあい方;暮らしの全体像から処方を見直す―高齢者の医薬品適正使用の指針を読む;サプリメント・健康食品は本当に必要か)
連載

[日販商品データベースより]

今飲んでいる薬は適切なものですか?

 どの薬を処方するのか、その判断は医師に委ねられている。製薬会社は自社の薬を医師に使ってもらうため、様々な営業活動を行っている。手っ取り早いのは医師への謝礼金。例えば、研究開発費や原稿執筆料などだ。ただし世間からの批判を浴びて、こうした医師への支払いについては2014 年から製薬会社も公開している。

 ところがいまだ、製薬会社からマスコミを通じて医師に支払われる謝礼はブラックボックスのままだ。例えば、製薬会社は広告代理店を通じて通信社に新薬の情報を提供する。そして通信社は、全国のメディアに、あたかも客観的な「報道」として記事を配信し、全国の新聞が掲載する。その「報道」にコメントをしてくれた医師に謝礼が支払われるという仕組みだ。

 こうして市民には見えない形で製薬会社・メディア・医師が連携して薬は販売されている。

 医師に処方されたまま飲んでいる薬を私たちはほとんど知らない。今飲んでいる薬は、本当に適切なものかのか? 薬について真剣に考えてみたい。



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,320円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規定
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント
    W会員