LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:出版社よりお取り寄せ(1週間程度で出荷)
スターリン批判

1953〜56年

作品社
和田春樹 

価格
3,132円(本体2,900円+税)
発行年月
2016年06月
判型
B6
ISBN
9784861825736

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

本書は、20世紀に誕生し、20世紀に消滅してしまった、ソ連国家社会主義体制の決定的な転換点となった5年間を描き出す試みです。1953年、「人類の理想を体現した国家」と称した国で、「神」とも崇められた独裁者スターリンが死ぬ。「神」に従ってきたソ連共産党の政治局員たちは、彼が行なった“悪夢”のような大粛清の全貌を知り、どのような葛藤のすえに事実を公表し、スターリンへの批判を行なったのか?そして、古参党員や歴史家をはじめとした多くの人々が、いかに社会を変革していくべきかを、悩み、模索しはじめたのか?さらに東欧諸国では、いかに市民が民主化を求めて立ち上がったのか?しかし、その“希望”は無惨に圧殺されていく…。人間とは、いかなる社会にあっても、国家の統制に抗して、信念にもとづき不正義を正す努力をせずにはおれない、という実例を見ることができるでしょう。1953年から56年のソ連という極限状況で、変革を求める人々の姿は、普遍的な感動を与えてくれます。

序章 スターリンの国ソ連―栄光と危機
第1章 スターリンの死
第2章 ベリヤの新路線とその終末
第3章 批判勢力の登場
第4章 マレンコフ=フルシチョフ政権の政策
第5章 マレンコフ=フルシチョフ政権の終わり
第6章 フルシチョフ派の転換
第7章 二〇回党大会―「スターリン個人崇拝の批判」
第8章 大会後の闘い
第9章 反動
エピローグ ある歴史家の日記、ある歴史家グループの抵抗

[日販商品データベースより]

20世紀に誕生し、20世紀に消滅してしまった、ソ連国家社会主義体制の決定的な転換点となった5年間を描き出す試み。20世紀の“悪夢”と“希望”。その歴史の闇の真実を、初めて明らかにする。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

ロシア革命

ロシア革命

和田春樹 

価格:3,888円(本体3,600円+税)

【2018年09月発売】

ロシア

ロシア

和田春樹 

価格:1,944円(本体1,800円+税)

【2001年04月発売】

言語都市・ベルリン

言語都市・ベルリン

和田博文 

価格:4,536円(本体4,200円+税)

【2006年10月発売】

大学で学ぶアメリカ史

大学で学ぶアメリカ史

和田光弘(アメリカ史学) 

価格:3,240円(本体3,000円+税)

【2014年04月発売】

記録と記憶のアメリカ

記録と記憶のアメリカ

和田光弘(アメリカ史学) 

価格:7,344円(本体6,800円+税)

【2016年02月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら2,000円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
最近チェックした商品
  • 1位

    火花

    火花

    又吉直樹 

    価格:1,296円(本体1,200円+税)

    【2015年03月発売】

  • Honya Clubカード
    • Honya Club とは
      Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
      Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
      HonyaClub会員規約
      個人情報の取扱いに関する規定
      ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

    • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント
    W会員