重要 常時SSL化(https化)に伴うサービス一時停止のご案内

おかげさまで6周年!大感謝祭開催中!!

重要 常時SSL化(https化)に伴うサービス一時停止のご案内

LINEお友だち登録で30ポイントプレゼント!

オンライン書店【ホンヤクラブ】はお好きな本屋での受け取りで送料無料!新刊予約・通販も。本(書籍)、雑誌、漫画(コミック)、CD・DVD、洋書など在庫も充実

在庫状況:在庫あり(1〜2日で出荷)
ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた

The invaders.

原書房
パット・シップマン 河合信和 柴田譲治 

価格
2,592円(本体2,400円+税)
発行年月
2015年12月
判型
B6
ISBN
9784562052592

欲しいものリストに追加する

内容情報
[BOOKデータベースより]

ネアンデルタール人絶滅の決定的な要因はヒトがイヌ(オオカミ)を家畜としたこと―従来の説よりも1万年以上古い4万年前にネアンデルタール人は絶滅していたなどの最新の知見をふまえ、「侵入生物」「動物の家畜化」という生態学的な視点から人類永遠の謎を解く。「ネイチャー」「ナショナルジオグラフィック」「ウォール・ストリート・ジャーナル」「オブザーバー」ほか、世界のメディアが驚きとともに紹介!

わたしたちは「侵入」した
出発
年代測定を疑え
侵入の勝利者は誰か
仮説を検証する
食物をめぐる競争
「侵入」とはなにか
消滅
捕食者
競争
マンモスの骨は語る
イヌを相棒にする
なぜイヌなのか?
オオカミはいつオオカミでなくなったのか?
なぜ生き残り、なぜ絶滅したか

[日販商品データベースより]

ネアンデルタール人絶滅の決定的な要因はヒトがイヌを家畜としたこと…。従来の説よりも1万年古い4万年前にネアンデルタール人は絶滅していたなどの最新の知見をもとに、生態学的な視点から人類永遠の謎を解く。

この商品をご覧のお客様は、こんな商品もチェックしています。

サピエンス全史 上

サピエンス全史 上

ユヴァル・ノア・ハラリ  柴田裕之 

価格:2,052円(本体1,900円+税)

【2016年09月発売】

サピエンス全史 下

サピエンス全史 下

ユヴァル・ノア・ハラリ  柴田裕之 

価格:2,052円(本体1,900円+税)

【2016年09月発売】

ミミズの謎

ミミズの謎

柴田康平 

価格:1,620円(本体1,500円+税)

【2015年11月発売】

柴田哲孝の独断と偏見の動物学

柴田哲孝の独断と偏見の動物学

柴田哲孝 

価格:1,404円(本体1,300円+税)

【1997年06月発売】

道徳性の起源

道徳性の起源

フランス・ド・ヴァール  柴田裕之 

価格:2,376円(本体2,200円+税)

【2014年11月発売】



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く

  • 6周年大感謝祭
  • 「蜜蜂と遠雷」レビューコンクール 「蜜蜂と遠雷」のレビューを書いて、豪華賞品を手に入れよう!

芥川賞・直木賞

「えほんぎふと」 絵本専門士が自信を持っておすすめする、えほんぎふと。大切な、お子さん・お孫さんに絵本を贈りませんか?送料無料でお届けいたします。

スタッフの「オススメ!」
  • スタッフの「今これをオススメしたい!」

本好きのためのオンライン書店

Honya Club.comへようこそ

Honya Club.comは日本出版販売株式会社が運営している
インターネット書店です。ご利用ガイドはこちら

  • サイトで注文&書店受け取り送料無料
  • 宅配なら1,500円以上で送料無料!
  • 予約も取り寄せも業界屈指の在庫量
  • 外出先でも検索や購入がカンタン!
新規会員登録   初めての方はこちら
W会員
最近チェックした商品
一覧 サイト総合ランキング
ジャンル別ランキング
話題のベストセラー
Honya Clubカード
  • Honya Club とは
    Honya Clubはお得な「本のポイントサービス」です。ご入会いただいたお客様には特典が盛りださん!お近くのHonyaClub加盟書店でご入会、ご利用いただけます。
    Honya Club加盟書店は店舗一覧にてご確認ください。Honya Club加盟店アイコンのマークが目印です。
    HonyaClub会員規約
    個人情報の取扱いに関する規定
    ※上記は加盟書店店頭で使用できるHonyaClubカードの規約です。

  • Honya Club 公式アカウント facebookファンページ Twitterアカウント LINE@アカウント